1. TOP
  2. 髪の毛を早く伸ばす方法13個を美容師がまとめてみました

髪の毛を早く伸ばす方法13個を美容師がまとめてみました

 2017/04/26 ヘアケア
 
美髪 女性

髪をとにかく早くのばしたい!!

そんな風に思ったことはありませんか?

  • 美容院で思ったより髪が短くなってしまった
  • 結婚式や二次会に出席するのでセットができる長さに伸ばしたい
  • 成人式でやりたい髪型があるけどまだ長さが足りない
  • 早く伸ばしてパーマをしたい

など早く髪の毛が伸びて欲しいって思うことは誰しもが経験があるはずです。

実際に美容師である私にもこういった質問をよく受けます。

「あぁ~やっぱり悩んでるんだな~」そんな風に思い今回は、【髪の毛を早く伸ばす方法】を解説していきたいと思います。

同時に髪を早く伸ばしたい時に使うと効果的なアイテムも紹介してきますので、ぜひ参考にして下さいね。

美容師 Hachi
ここからは美容note.編集部ヘアケア担当の僕が解説します!

1. 髪を早く伸ばすために気をつけたいこと

髪を早く伸ばしたいなら、髪が伸びるのを遅くしてしまう原因をなくすことから始めないといけません。

ですので、髪を伸ばす方法をお伝えする前に必ず知っておいてほしい「髪の知識」からお話ししますので、よく理解してから

髪を伸ばす方法を実践してくださいね!

 

まず美容師としてお伝えしておきたいことは【髪はきれいな状態から伸ばすのが一番早くキレイに伸ばせる】という事です。

あなたの髪の状態はいかがですか?

もし、ダメージがひどくパサパサだったり、枝毛がひどいのなら毛先のダメージ部分は切ってから伸ばしましょう。

もちろん切った分短くなってしまいますが、枝毛がある状態だと髪が伸びる早さ以上に切れてしまいなかなか伸びなかったり、見た目もよろしくないです。

「うわぁ、、髪傷んでるな~」などと不潔に思われながら伸ばすのもいかがなものでしょうか?

そして、髪が伸びにくい生活習慣をしている人も多いのが現状です。

早く伸ばしたいのなら正しい知識を身に付けましょう。

1-1. 髪の毛が伸びる速さについて知っておこう

美容師の間では当たり前なのですが、髪ってどのくらいの速さで伸びるかご存知でしょうか??

髪は1か月で約1~1.5㎝伸びます。1日にすると約0.3~0.4mm伸びている計算です。1年では約15cm髪は伸びることになります。

伸びるスピードには個人差があり、季節や性別、栄養状態や年齢でも髪の伸びる速さは変わってきます。

ちなみに季節では夏が一番髪の伸びるスピードは速くなります。これは気温が上がり体温も上がりやすいため血行が促進されるからです。逆に冬は気温の低下により夏よりも伸びにくくなります。

とは言ってもあくまで理論上の話ですのでそこまで季節を気にする必要はありません。

みなさんもヘアカラーをされているのなら季節に関係なく、根本が伸びてプリン状態になってきますよね?

目に見えて違いが分かるほど季節によって髪の伸びるスピードは変わらないという事です。

夏の方が伸びやすいんだな~くらいに思っておいてもらえればOKです。

1-2. 髪は何でできているのか知っておこう

髪の構成成分 グラフ

髪を早く伸ばすためには髪に対する知識も必要です。

髪は約80%がケラチンと呼ばれるたんぱく質でできています。

つまり髪が作られるためにはたんぱく質が絶対に必要なんです。

ですので、髪に必要な栄養素が不足すると髪を作るための材料が不足することになります。結果、髪が伸びるスピードを遅めてしまいます。

また残り20%の成分は水分や油分などです。

これらもキレイな髪を維持するためには欠かせない要素です。

美容師 Hachi

髪を伸ばすためには栄養が大切だ!ということは理解できましたよね?

ですので、以下のような事をしてしまっていると髪が伸びにくくなりますので気をつけてください。

1-3. ダイエット中は髪が伸びない!?

髪早く伸ばす ダイエット

無理にダイエットをすると髪は栄養不足状態になり、伸びにくくなるどころか抜け毛やパサパサ髪の原因にもなります。

またダイエットでの食事制限によりストレスを感じることも多く、これも髪が伸びるスピードを遅くしてしまう要因です。

髪を早く伸ばしたいのならその期間はダイエットは控えるべきです。

1-4. タバコも髪には大敵

髪早く伸ばす ダイエット

 

喫煙するとニコチンの作用で毛細血管が収縮し、血行不良に陥りがちです。

慢性的に血行が悪くなると髪に栄養が行かなくなってしまうので、髪が伸びなくなります。

髪をとにかく早く伸ばすのなら禁煙も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

以上のように無理なダイエットや喫煙をしているとせっかく髪を早く伸ばすために頑張っても効果が出ない。。ということにもなりかねません。

 

みなさん、髪を伸ばす準備はできましたよね?

では美容師が教える【髪を早く伸ばす13個の方法】をご紹介していきます。

 

2. できるだけ髪を早く伸ばす13個の方法

それでは髪を早く伸ばすために必要なことを紹介していきます。

先に説明しておくと…

  • 髪の元になる栄養をしっかりと摂る
  • 栄養が行き届きやすいように頭皮環境を整える
  • 髪がダメージしないように心がける

この3つのポイントをおさえておきましょう。具体例を13個挙げて解説していきます。

2-1. 髪を作るために必要な栄養素を摂る

髪 早く伸ばす 栄養

さきほども説明したように髪は食事により摂取した栄養素から作られます。

髪を早く伸ばすためには、一言でいうとバランスのとれた食事が大切です。

必要な栄養素は何も特別な物ではありません。みなさんがよく口にされているものにもたくさん含まれています。

代表的なものを挙げておくと…

  • タンパク質 → 卵、牛乳、肉類
  • 亜鉛 → 牡蠣、アーモンド、レバー
  • イソフラボン → 大豆

など。

髪の主成分であるたんぱく質、そのたんぱく質を作る際に必要な亜鉛、髪の成長に深く関係する女性ホルモンに似た働きをするイソフラボン。この3つは特に重要とされています。

髪にいい栄養素などについては、こちらの記事でさらに詳しく解説しています。

【永久保存版】髪にいい食べ物・栄養・レシピ37選まとめ

 

2-2. サプリメントを活用する

さきほども説明したように特に亜鉛などは普段の食事だけでは不足しがちになってしまいます。

そこで、サプリメントを使って補うという方法があります。

基本的には亜鉛など不足しがちなものを購入すればOKですし、育毛サプリなどは髪に必要な栄養素がバランスよく含まれていますのでおすすめです。

注意!!
サプリは非常に有効なのですが、あくまで補助として使うことをお忘れなく! 過剰摂取は肝臓に負担をかけ、体調不良を引き起こすこともあります。

 

2-3. 質の高い睡眠

上記であげた栄養素、特にたんぱく質などは寝ている間にたくさん使われます。

ゴールデンタイムというのは皆さんご存知でしょう。

22時~2時までの間の時間のことでこの間にしっかりと睡眠をとることができれば、体の代謝や栄養素の生成、組織への運搬が活発になりますし、成長ホルモンの分泌も促せます。

結果、髪も早く伸びやすくなるというわけです。

気をつけたいのは「規則正しく寝る」というポイントです。普段は4時間、休日は8時間というのはあまり効果がないのです。

できれば毎日、同じ時間に就寝し同じ時間に起床できるように体内時計を整えていきましょう。

 

2-4. 正しいシャンプーで頭皮環境を改善する

上記の動画は理学博士が教える正しい髪の洗い方です。

髪が伸びるための頭皮環境を整えるのにシャンプーは欠かせません。

毎日シャンプーしない方がいい、1日2回以上洗ってはいけない。

などと解説されている場合もありますが、回数が大事なのではなく、【汚れたら洗う】ことを意識すれば大丈夫です。

アミノ酸シャンプーなど頭皮に優しいものを使い、優しく髪を洗いましょう。

もちろん毎日シャンプーしても髪の伸びるスピードが遅くなったりはしません。次で紹介するマッサージやツボ押しを一緒にするとさらに効果的です。

今さら人に聞けない【正しい髪の洗い方】シャンプーの仕方8つの手順

上記の記事を参考に正しいシャンプーをしましょう。

 

2-5. 血行促進マッサージをする

血行がよくなると髪にも栄養が届きやすくなり、早く伸ばすことができます。

上記のマッサージは血行を促進だけでなく、頭皮の老化防止にも役立ちますのでぜひ参考になさってください。

頭皮マッサージもそうですし、体には血行を促進してくれるツボなどがたくさんあります。

血行がよくなると髪にも栄養が届きやすくなり、早く伸ばすことができます。

入浴時などにマッサージを行うとさらに効果的ですので試してみて下さいね。

頭皮に関係するツボも3つ紹介しておきます。

髪に効くツボ その1.百会(ひゃくえ)

百会の位置画像

 

頭頂部の真ん中に位置するツボで両耳の延長線上の交わるポイントにあります。

ヘッドスパなどでもよく押すツボでリラックス効果、筋肉の緊張をほぐすことで血行改善をする効果があります。

鉛筆やペンなどでもいいので上からぐーっと押してみて下さい。

髪に効くツボ その2.風池(ふうち)

風池ツボの場所

 

後頭部の首と頭の付け根に位置しており、首から頭に向かって手でなぞっていくとへこんでいるのですぐに分かるはずです。

首から上の血行そのものに関係しているツボですので入浴時などに押しておくと効果的です。

髪に効くツボ その3.湧泉(ゆうせん)

湧泉 ツボの場所

 

最後は全身の血行を高めるツボである湧泉です。

位置が少し分かりづらいですが、足の中心から少しつま先に向かったところで、人差し指と中指の間のくぼんでいる場所です。

全身に有効ですので髪を伸ばすため+健康のためにぜひ刺激して頂きたいポイントです。

 

2-6. ストレスの発散

ストレスがなくなると髪はより早く伸びます。

一見、髪とは無関係に思えるストレスですが、実はストレスを感じると体は反射的に毛細血管を収縮させてしまいます。

頭皮など末端の毛細血管では血行不良が起こりやすくなり、髪や頭皮に十分に栄養が行き渡らなくなる原因になります。

ストレスを発散するには【心と体の両方の疲れを取ることが大切】です。

つまり、休日だからと言って寝てばかりではいけません。

心の疲れを取るには気持ちいい汗をかいたり、趣味などに打ち込むなどの方法があります。

休日には気持ちをリフレッシュし、上手く気分転換することを意識しましょう。

 

2-7. 運動

ストレスの発散にも繋がる事ですが、軽い運動で汗をかくことは髪にとってもとてもいいことです。

血行が良くなり栄養が届きやすくなりますので髪が伸びやすくなります。

実は薄毛治療の分野にも運動療法というものがあり、運動は髪のためにもいいと医学的に認められています。

ポイントは無理なく、体に負担が少なく、さらに楽しくできる運動がいいということです。

ストレスの発散の意味もありますので、激しい運動は避けましょう。

最近流行しているヨガなどはそういう点では非常に優れた運動法です。

 

2-8. 髪をくくる

ポニーテール 女性

都市伝説のように語られていますが、実際にはどうなのでしょうか?

化学的根拠は全くないのですが、口コミでは多くの方が効果を実感している方法でもあります。

ただし、あまり強く引っ張りすぎると切れ毛を起こしたり、毛根を傷めてしまうので優しく髪を扱うようにしましょう。

 

2-9. 髪は切らない方が早く伸びます

髪を伸ばしている最中に、美容院でカットするかどうかですが、切らないという選択もアリなんですよ。

あなたは美容師さんに「毛先は少し切った方が早く伸ばせますよ!」と言われたことがないでしょうか?

髪は切ったら間違いなく短くなります。

切ったからといって髪の伸びるスピードが早まるわけではありません。

ですので、最速で髪を伸ばすなら切らないという選択が一番でしょう。

ただ、さきほども説明したように髪はキレイに伸ばす必要がありますのでそういう点も踏まえて美容師は「切った方がいい」と提案するわけです。

髪を伸ばしている最中なら「伸ばしているから切りたくない」という事をきちんと美容師さんに伝えましょう。

ちなみに…

私は髪を伸ばしているお客様には4ヵ月に1回毛先を切るように提案しています。 通常2ヵ月に1回の来店サイクルですので2回に1回しか切らないのです。

4ヵ月経つとさすがに毛先の状態が少し悪くなってきますのでその部分を切りますが、特に傷みが見られない場合は3回に1回のペースにすることもあります。

美容師によって見解も様々ですので髪を大切に伸ばしてくれる担当者に出会うことも大切です。髪を伸ばす際は、どれだけキレイに伸ばすかも意識していくとあなたの魅力はさらにUPしますよ。

 

2-10. 髪が伸びるシャンプー

エレンス2001

エレンス2001 画像

出典:@cosme

世界中で発売されており、累計1000万本を売り上げている大人気のシャンプー。

ただし、シャンプー解析などでも取り上げらておりますが、内容成分には全く育毛効果などは見られず、発売当時は数少ないノンシリコンシャンプーの先駆けだった他は一般の市販シャンプーと大して変わりないです。

今でもたまにお客様から「2001ってシャンプーは髪が伸びるんですか?」と聞かれますが、「普通のシャンプーと変わらないよ」と答えています。

スカルプシャンプーが有効

近年、頭皮ケアが注目されており、頭皮用スカルプシャンプーが多く発売されています。

エレンスもおそらくスカルプケアに着目したシャンプーなのでしょうが、それなら他にももっといいシャンプーはたくさんあります。

頭皮環境を整え、髪を守ることが結果として髪を早く伸ばすことに繋がりますので覚えておいて下さい。

そういった意味では頭皮環境を整えるスカルプシャンプーは髪を早く伸ばすために有効なアイテムだと言えます。

炭酸シャンプーもおすすめ

近年では炭酸シャンプーなるものが発売され、炭酸美容も注目を集めています。

炭酸は肌から血管に取り込まれると体は酸欠状態と勘違いし、血流を増やします。つまり意図的に血流の改善ができる優れモノまのです。

また、気泡の力で汚れを浮かせて落とすので頭皮の汚れも落ちやすくなり、一石二鳥です。

ただデメリットとしては普通のシャンプーよりコストが高いので、余裕があるのなら髪を早く伸ばすために使ってみましょう。

 

2-11. 育毛剤を使う

もしかしたら女性の方には抵抗がある方も多いかも知れませんね。

おそらくですが、育毛剤=髪が薄い人が使うものというイメージからではないでしょうか?

しかし、これは間違いです。もちろんそういった方に有効なのも事実ですが、私はお客様にこんな風に説明しています。

「髪をきれいに育てるための髪の美容液」

実際に血行促進や頭皮環境を整える成分が配合されており、髪の成長を助けます。

まさに髪を美しく早く伸ばすためには必須なアイテムとも言えるのです。

健康な髪は健康な地肌から。

ある意味、これからの時代トリートメントより重要なヘアケアアイテムになると思います。

ヘアアクセルレーター

ヘアアクセルレーター

出典元:@cosme

髪が伸びると噂の育毛剤です。

ですが、育毛剤としては安物で、成分もそんなにいいものが使われているわけではないんです。

ヘアアクセルレーターにこだわらなくても育毛剤であれば、髪を早く伸ばす効果は期待できるので、ぜひ使ってみましょう。

 

2-12. 美容師に相談しよう

やはり髪のことは髪のプロに聞くのが最善でしょう。

私も髪を早く伸ばす方法についてはよく聞かれますので、この記事でまとめているようなことをアドバイスしています。

なかなか自分ではできているつもりでもプロ目線からは不十分なこともたくさんあります。

  • 頭皮の汚れを落とすためのヘッドスパ
  • その方にあったシャンプー選び
  • 早くキレイに髪を伸ばすためのお手入れ方法

などお答えできること、提案させていただけることもたくさんありますので、信頼できる美容師さんに相談するもの非常にいい方法だと思います。

髪を伸ばしている時の美容院でのオーダー方法について

髪を伸ばしている最中でもやはり定期的にはカットするのがベストです。

ただ、オーダーの方法をミスすると思ったより切られてしまったりするかもしれません。髪をきりすぎた!そんなことにならない為に美容院に行く時には以下の点に注意しましょう。

その1.伸ばしている間は同じ担当者に!

これは鉄則です。何回も同じ説明をするのはあなたも大変ですし、美容師により髪へのアプローチも違います。色々なハサミの入れ方や髪の扱い方は結果的に髪の状態を悪くすることもあります。

同じ担当者に任せてみることが髪を早く伸ばす秘訣でしょう。

その2.いつまでに、どのくらいの長さになど詳しく説明しよう

例えば「半年後に結婚式があるので、それまでに胸まで伸ばしたい」など具体的にオーダーしましょう。

あなたと美容師でイメージを共有しておく事がとても大切なので、雑誌の切り抜きやスマホのキャプチャなどの画像を見せるのも非常にいいと思います。

切られすぎを防ぐためにも最初にしっかりと伝えておきましょう。

美容師 Hachi

実際に美容師としっかりと意思共有して髪を伸ばすことで

今までよりもキレイに早く伸びたと感じて頂けるお客様はたくさんいます。

何でも相談くださいね!

 

2-13. 健康を意識する

ここまで解説してきたのでお分かりだと思うのですが、髪は様々要素が合わさり初めてキレイに早く伸びるようになります。

ですので、まずは健康であることが大前提です。

常に体の調子を整え、体調管理を意識することが髪を早く伸ばすことに繋がります。

人体における髪の毛の優先順位

髪は命を維持するためとしては重要度は低いので、不健康であったり病気になると髪に栄養は行かなくなります。

人の体は命を守るために大切なものほど中心にあります。

心臓などの内臓や脳などですね。逆に髪や爪などは体の一番外側ですので体の組織の中では一番優先度が低いということです。

髪がなくなっても特に命に別状はありませんよね?

ですので、あなたの体調が悪くなったり、栄養状態が悪い時には真っ先に体の末端である髪などに影響が出ます。重要な部分に栄養などは送られ、髪などは後まわしになるのです。

こういった理由からも髪を早く伸ばすためには健康でいることが欠かせないと言えますね。

 

まとめ: 髪を早く伸ばすには生活習慣と頭皮環境の改善が大切

髪を早く伸ばすのに裏技的なものは存在しません。

ですが、毎日少しずつでも意識して取り組めば数ヵ月後にはきっと大きな結果になります。

もう一度髪を早く伸ばすための12個のポイントをおさらいしておきましょう。

  1. 髪にいい食べ物を摂る
  2. サプリで栄養素を補う
  3. 質の高い睡眠
  4. 正しく髪を洗って頭皮環境を改善
  5. 血行改善のためにマッサージなどをする
  6. ストレスを発散する
  7. 運動
  8. 髪をくくってみる
  9. 髪が伸びやすいシャンプー(育毛や炭酸シャンプー)の使用
  10. 育毛剤の併用でさらに効果的に
  11. 信頼できる美容師に髪を任せる
  12. 常に健康でいること

今回紹介した方法はどれも髪が早く伸びるだけでなく、美髪のためにも非常に大切なことです。

ぜひ、実践して早く髪を伸ばしてみましょう!!

\ SNSでシェアしよう! /

美容ノート|プロが教える美容情報サイトの注目記事を受け取ろう

美髪 女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美容ノート|プロが教える美容情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Hachi

Hachi

美容note.編集長
Stellamaris株式会社 代表取締役

くせ毛の扱いを得意とする現役美容師であり、独自の美髪理論を持つ。
また自らの毛髪・美容知識を活かし、美容メーカーとのコラボレーションによる髪色アプリの開発やオリジナルのシャンプー・トリートメントの研究など活動は多岐にわたる。
常に「本質の美」を世に届けるために情報を発信中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 頭皮ケアにおすすめのシャンプーランキング10選~地肌ケアには優しいものを~

  • 美容師もおすすめ!メンズシャンプーの正しい選び方

  • シャンプーブラシは危険!?頭皮に優しいブラシ4つの選び方

  • 髪の毛を早く伸ばす方法13個を美容師がまとめてみました

関連記事

  • 【保存版】プロが教える髪の乾かし方と正しいドライヤーの使い方

  • 口コミでも人気の【ピンクシャンプー】効果を30日検証してみた

  • びまん性脱毛症は改善可能!原因や症状と対策方法まとめ

  • 女性に多い薄毛の原因と対策・改善方法まとめ【永久保存版】

  • どんな香りが人気?いい匂いのシャンプーおすすめランキング20選

  • 【最新】女性におすすめのシャンプーランキング2017年版まとめ