1. TOP
  2. フケを止めるシャンプーの仕方~髪の洗い方でフケは出なくなる

フケを止めるシャンプーの仕方~髪の洗い方でフケは出なくなる

 2017/10/12 ヘアケア
 
フケ シャンプーの仕方

フケって嫌ですよね。。

私も頭皮が弱くてフケが出やすいので、黒い洋服は極力着ないようにしていたりします。

恥ずかしいですし、不潔に思われたくないですし。

 

今回の質問は「フケ対策と正しいシャンプーのやり方」についてです。

男性のみならず女性にもフケでお悩みの方が増えていまして、この質問も女性のお客様から頂いたもの。

フケとシャンプーの関係性は非常に高く、シャンプーを変えるだけでも改善できるケースは多いんですよ!

では、美容師がオススメする正しいシャンプーのやり方(フケ対策編)をご紹介します。

男性の方もぜひ参考にしてください。

美容師の解答

美容師がおすすめするフケ対策の正しいシャンプー方法は以下のとおり。

予防医学のアンファーさん(スカルプDの会社)などのメディアでも紹介されている方法でございますので、ぜひ実践してみましょう。

①髪を優しくブラッシング

フケ シャンプー ブラッシング

髪のもつれやほこりなどをブラッシングで優しくとりのぞきます。

 

スプレーで固めている場合は無理せず、毛先から優しく梳かしてください。

ブラッシングでもかなりの汚れを落とすことができ、シャンプーの泡立ちもよくなります。

②ぬるま湯でしっかりと頭皮のよごれを落とす

フケ シャンプー すすぎ

シャンプーをする前に、しっかりとぬるま湯で頭皮と髪を濡らしていきましょう。

2分間を目安にするといいです(けっこう長いですよ)

この工程だけでも8割の汚れが落とせ、シャンプーで無理にゴシゴシする必要がなくなるので、頭皮への負担が減ります。

※お湯の温度は36~39℃にしましょう。(これ以上だと頭皮の皮脂が落ちすぎ、以下だと逆に汚れが落ちにくくなります)

③シャンプーを泡立て、洗う

フケ シャンプー やり方

シャンプー時のポイントは爪を立てたり、ゴシゴシしすぎないこと!そして、普通に洗ってください。

美容師さんのシャンプーの力加減を思いだしながら洗ってみましょう。

他のサイトなどに「とにかく優しく洗う」などとも書かれていますが、優しく洗いすぎても逆にかゆみが残ったり、スッキリ感がなかったりします。

頭皮を傷つけなければOK。

 

④ぬるま湯でシャンプーをしっかりとすすぐ

シャンプーの後のすすぎも重要。

とくにアミノ酸系のシャンプーは洗浄力が優しい反面、肌に残りやすい性質もありますので、すすぎ残しで痒みが出ることも。

フケが悪化してしまう可能性もあるので、すすぎは必ず2分ほどかけ、しっかりと行いましょう。

襟足や耳の後ろなどは、すすぎ残しやすいポイントですので気をつけて!

⑤髪はドライヤーでちゃんと乾かす

ドライヤーの仕方

シャンプーの後は素早く、ドライヤーで乾かします。

濡れた頭皮は放っておくと、雑菌が繁殖してしまい、かゆみやフケの悪化につながります。

ただし、乾かしすぎもよくないので、頭皮から乾かしていき、8割ほど乾かしたら冷風に切り替えて仕上げましょう。

 

以上がフケを予防するシャンプーの仕方です。

1日に何回もシャンプーしてしまう人がいますが、フケ症の人には皮脂の取りすぎで逆効果になりますので、シャンプーは1日1回にしてください。

正しいシャンプーの仕方を続けていくと、フケを改善していくことができ、フケの予防にもなります。

参考になりましたか?

シャンプーの仕方をかえるだけでもフケが改善に向かう人もいます。

大事なのは継続することですので、毎日つづけてみて下さいね。

 

ではここからは「さらに効果的にフケ対策を行おうためのポイント」をご紹介していきます。

フケにお悩みなら、必ずお役にたてる情報ですので、ぜひじっくりと読み進めてみてください。

あなたのフケはどっちのタイプ?

フケのタイプ

実はフケには2つのタイプがあるんです。

まずは下のチェック項目を確認して自分がどちらのフケタイプか知っておきましょう。


  • 気になるのは乾燥よりもベタつきだ
  • ファーストフードや脂っこい食事をよくする
  • シャンプーしてもスッキリした感じがない
  • フケは粉っぽいというよりも塊だ
  • フケは髪に毛に引っかかっていることが多い

3つ以上当てはまる方は「脂性のフケ」

3つ以下もしくは全く当てはまらないという方は「乾性のフケ」である可能性が高いです。

それぞれのタイプで特徴や気をつけるポイントも少し変わってくるので、説明させていただきます。

脂性のフケ

フケが大きな塊で、湿ってる感じがするのが脂性のフケの特徴。

頭皮の皮脂が出やすい人がなりやすく、どちらかというと男性に多いフケのタイプです。

いかに皮脂の過剰分泌を抑えるかという対策がポイントになります。

 

乾性のフケ

パラパラと乾燥した粉っぽいフケのタイプ。

肩にフケが積もってしまうのはこの乾性のフケの人の特徴です。

頭皮の乾燥が原因であり、空気が乾燥しやすい秋~冬に多くなる傾向があります。

いかに頭皮の保湿を行うかが対策のポイントです。

 

では、皮脂の過剰分泌をおさえたり、頭皮の保湿に気をつけるための具体的な対策ですが、フケのタイプに合ったシャンプーを使うことが一番大切です。

 

フケのタイプ別シャンプーの選び方

フケ シャンプー選び

☞ポイント

  • アミノ酸系のシャンプー選んでみましょう。
  • 市販シャンプーは控えましょう。

実はフケに悩んでいる人の相談にのると、多くの人が使っているシャンプーが合っていないことがよくあります。

そして、このシャンプーに変えてしてください。とアドバイスしたらすぐにフケが出なくなったというケースも多いんですよ。

シャンプーの仕方も大事ですし、どんなシャンプーを使うかも大事。

まず、洗浄成分にラウレス硫酸Naなどの高級アルコール系を使っているシャンプーは頭皮に刺激をあたえ、フケの悪化につながるので控えましょう。

簡単にいうと、市販シャンプーは辞めたほうがいいということです。

これがアミノ酸系界面活性剤

アミノ酸系の成分を主剤としたシャンプーが頭皮に優しくオススメです。

とくに、乾性のフケの人は、頭皮が乾燥しやすいのでアミノ酸シャンプーを必ず勧めています。

脂性のフケの人も、アミノ酸シャンプーで問題ないのですが、スッキリ感がなくて物足りないと感じてしまう人もいます。

(皮脂が出すぎるからと言って、洗浄力の強いシャンプーを使うと余計に皮脂過多になりやすいので注意!)

物足りないと感じる方には、3日に1回の炭酸シャンプーで頭皮のクレンジングをすることがオススメ!

また、抗菌成分入りの薬用シャンプーも効果的です。

 

気をつけるべき頭皮ケア 4つの注意点

1、 朝シャンプーは控えよう

脂性の人に多いかと思う朝シャン。

ですが、これもフケトラブルの原因になりますので、シャンプーは1日1回、夜にしてください。

なぜなら、皮脂は頭皮を守るバリアの役割もしています。

シャンプーで皮脂は流れてしまい、復活するのに約6時間はかかるとされています。

フケ 朝シャン 紫外線ダメージ

夜にシャンプーをすれば、朝には皮脂のバリアが復活していますが、朝シャンプーをするとバリアがない状態で外出し、頭皮に紫外線を浴びることになります。

紫外線はかゆみやフケを悪化させることもあり、髪にも頭皮にもよくないので、朝シャンプーはオススメできません。

また、洗いすぎも頭皮が乾燥していると勘違いし、皮脂の過剰分泌につながりますので、髪を洗うのは1日1回で十分なんです。

 

2、 フケがひどい時はカラーやパーマはできない?

A. できなくはないが、オススメできません。

美容院でも、たまに質問されるこの問題。

美容師さんによっても答えは違うかとは思いますが、私は一貫して「やらない方がいい」という主張です。

というか、やりません。

カラーやパーマの薬剤は頭皮にかなりの刺激とダメージを与えるものです。

フケに悩んでいる人はただでさえ、頭皮が弱っています。

そこにカラーやパーマをすると、フケの悪化だけでなく、かぶれや抜け毛などに発展してしまう恐れもあります。

フケに限らず、頭皮のトラブルは完全に治してから施術を受けましょう。

 

3、トリートメントは絶対に頭皮につけない

当たり前にしているヘアトリートメントですが、主剤であるカチオン界面活性剤は頭皮への吸着性が高く、残りやすい点など頭皮への刺激が心配される成分です。

普段は問題ないでしょうが、フケが出ている弱った頭皮には付けないように気をつけましょう。

できるなら、フケがおさまるまではシャンプーのみにしてもいいくらいです。

 

4、 頭皮の保湿をしよう

乾性でも脂性でもフケに悩んでいる人は頭皮の保湿が欠かせません。

とくに、シャンプー後は頭皮の皮脂が洗い流されて乾燥しやすいので、頭皮の保湿剤(育毛剤)を使い保湿をしてあげてください。

育毛剤は髪を育てるだけでなく、

  • かゆみを軽減
  • 荒れを鎮める
  • 頭皮のターンオーバーを正常化する

などのフケに効果的な成分も豊富に配合されています。

ドライヤー後に育毛剤を頭皮につけたら、マッサージでまんべんなく頭皮にいきわたらせてあげましょう。


この他にも

  • 睡眠不足
  • 脂っこい食事
  • ストレス

などもフケと関係しているとされています。

シャンプーと一緒に生活習慣を見直すことも大切ですね。

 

まとめ

まとめ

☞この記事のポイント

  • フケ対策の正しいシャンプーの仕方は、頭皮を傷つけないように洗い、しっかりとすすぐ事がポイント
  • 自分のフケのタイプを知ろう
  • フケのタイプに合ったシャンプーを選ぼう
  • シャンプー後のケアも忘れずに

私は乾性のフケなのですが、アミノ酸シャンプーで洗い、育毛剤でマッサージすれば、いつもすぐに改善できます。

やはり頭皮を清潔に保つ+保湿が大事。

頭皮もお肌と一緒で、スキンケアが必要なのです。

悩ましいフケを早く改善し、心のモヤモヤがなくなれば、あなたももっと素敵になれるはず!

私たち美容師もお役に立てるよう日々、お客様の悩みと向き合っていきたいと思います。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

美容ノート|プロが教える美容情報サイトの注目記事を受け取ろう

フケ シャンプーの仕方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美容ノート|プロが教える美容情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Hachi

Hachi

美容note.編集長
Stellamaris株式会社 代表取締役

くせ毛の扱いを得意とする現役美容師であり、独自の美髪理論を持つ。
また自らの毛髪・美容知識を活かし、美容メーカーとのコラボレーションによる髪色アプリの開発やオリジナルのシャンプー・トリートメントの研究など活動は多岐にわたる。
常に「本質の美」を世に届けるために情報を発信中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • フケ対策、予防におすすめのシャンプー~選び方と美容師のオススメシャンプー8選~

  • 女性のフケ対策!自宅ですぐにできるシャンプーや食生活での対処法を教えます

  • 女性のフケの原因は何?シャンプーしてもフケが出るのはなぜ?

  • フケを止めるシャンプーの仕方~髪の洗い方でフケは出なくなる

関連記事

  • 【口コミ多数】市販のくせ毛シャンプーおすすめランキング20選!

  • 市販でも買える!ノンシリコンシャンプーおすすめランキング男女別10選

  • 【病院は何科?】女性のための薄毛治療とおすすめクリニック

  • 40代のくせ毛・薄毛に効果的なアミノ酸シャンプー3選

  • フケ対策にも効果的なアミノ酸シャンプー!正しい選び方と使い方

  • 女性のフケ対策!自宅ですぐにできるシャンプーや食生活での対処法を教えます