1. TOP
  2. 男性の前髪のくせ毛対策!くせ・うねりを活かす髪型とスタイリング方法まとめ

男性の前髪のくせ毛対策!くせ・うねりを活かす髪型とスタイリング方法まとめ

 2016/07/24 ヘアケア
 
メンズモデル 画像

「前髪のくせ毛に困り果てています。」

そんなお悩みをよく受けます。梅雨時期など湿気の多い時期は特に大変ですよね。

すごく気持ちは分かります。何を隠そう私自身もかなりのくせ毛であり、自分のくせ毛をどうにかしたいという思いで美容師を目指したからです。

くせ毛に悩む男性はかなりたくさんいます。特に前髪のくせですね。

前髪がうねっているだけで髪型が上手くスタイリング出来なかったり、なぜかカッコ悪く見えたり、大事な用事を控えているのに自信が出なかったりしませんか?

そこでくせ毛と戦うこと約30年の美容師が「前髪のくせ毛の対策方法やくせ毛でもカッコ良く見える髪型」について解説していきます。

ぜひ参考にしてみて下さいね。

くせ毛を悪化させる原因

まず初めにですが、無意識のうちにくせ毛になりやすい生活習慣を送ってしまっている男性もいます。

くせ毛に悩みながら自分でくせ毛になりやすくしているなんて馬鹿馬鹿しいですよね。

でも実際にはけっこういるんです。

対策をする前にまずはくせ毛の原因をなくしていきませんか?

もちろん、くせ毛の原因の第1位は「遺伝」です。とりあえず遺伝は仕方ないとして、くせ毛になりやすくなる行為、くせ毛を悪化させてしまう生活習慣を解説していきます。

原因1. 喫煙

男性の方はタバコを吸われる方も多いですよね。実はタバコを吸うと身体の中では毛細血管の収縮が起こります。

頭皮の毛細血管は非常に細いので、収縮してしまうと血行不良になってしまい、髪にも栄養が行かなくなってしまいます。

栄養不足は髪の毛の健康を害し、くせ毛のリスクが高まりますし、頭皮の老化も早めます。

特に30代を過ぎると頭皮の老化の影響もあり、前髪などのくせ毛が出やすくなります。

喫煙が必ずしもくせ毛に繋がる訳ではありませんが、可能性の一つとして覚えておきましょう。

 

原因2. 偏った食生活

食生活も大切な要素です。油の多い食生活は頭皮の皮脂の過剰分泌に繋がりますし、野菜などをきちんと摂らないと健康な頭皮や髪を保つことはできません。

髪の毛は身体の末端ですので、栄養が送られるのも一番後回しです。

栄養が足りていないと髪の毛は痩せてしまい、水分バランスの崩れからくせ毛になってしまうこともあります。

 

原因3. 髪が濡れたまま寝る

男性に多いのが髪を乾かさない人ですね。

「短髪だし、すぐに乾くから」そんな風に思っていませんか?

髪を乾かさずに寝てしまうと枕などとの摩擦でキューティクルが剥がれてボロボロな髪になってしまいます。

濡れた髪は非常にデリケートです。ダメージするとくせ毛のリスクも高まりますので必ず乾かして寝ましょう。

前髪のくせにお悩みの方もちゃんと乾かして寝れば次の日のスタイリングが楽になるはずです。

 

原因4. 過度のパーマやヘアカラーリング

ヘアカラーやパーマをしてはいけない。という事ではないので誤解のないようにお願いします。

ブリーチや黒染めの繰り返し、強いパーマを定期的にするなどやりすぎが良くないのです。

ダメージし、乾燥した髪はくせが出やすくなります。

特にパーマは髪の毛の乾燥しやすいので前髪など、くせ毛の強い場所にあてる場合は注意が必要です。

信頼できる美容師さんにお願いしましょう。

 

以上が前髪だけに限らず、くせ毛のリスクを高めてしまう行為です。ほとんどの人が一つくらいは当てはまるのではないでしょうか?

きちんと対策をするためにもまずは原因をなくすことが大切です。

 

メンズの前髪のくせ毛の治し方

「すぐにくせ毛を治したい!」そんな方もいるはずです。

前髪のくせ毛の対策についてはいくつか方法がありますのでご紹介していきます。

髪を濡らして治す(ブロー)

前髪のくせ毛を治そうとしてもなかなか治らなくないですか?

朝、くせ毛を治す際に一番効率的な方法を美容師が教えます。

1.髪をしっかり濡らす

毛先だけでなく根元からしっかり濡らしましょう。シャワーでも水スプレーでも構いません。

「お風呂上がりのタオルドライした状態」くらいは髪を濡らすようにして下さい。

2.少し時間をおく

実はくせは根元についています。髪を濡らして根元まできちんと水分が浸透するのにおよそ3分ほどかかりますのですぐに乾かさず少し待ちましょう。

実際にはタオルで拭いて、ドライヤーなどを準備している間に3分くらいは経つのですが、念のため解説しておきます。

3.左右に引っ張りながら乾かす

前髪のくせ毛を治すなら右や左に髪を引っ張りながら乾かしていくとくせがおさまりやすくなります。

どちらかばかりに乾かしていると分け目ができてしまうので、右→左のように左右に髪を振りながら乾かしましょう。

この乾かし方で8割くらいまで乾かします。

4.温めて、冷風で固める

スタイリングのもちもかなり良くなりますので必ずやってほしい工程です。

8割くらい髪が乾いたら、くせ毛を伸ばしたい部分を指で軽く引っ張りドライヤーで温めます。

髪が温まったら今度はドライヤーを外し、指で髪を引っ張ったまま冷やします。

髪は乾いて冷える瞬間に形がロックされる性質があるのでくせ毛を伸ばすのに有効な方法です。

5.伸びにくいくせ毛はブロー

指では伸びにくいくせ毛の場合、ブラシでブローしましょう。

少し細かい目のブラシの方がくせ毛を伸ばしやすいのでおすすめです。

基本的には4.で説明した工程で指の代わりにブラシを使うイメージでしてもらえれば大丈夫です。

 

アイロン

セルフでアイロンするのも非常に効果的です。おそらく自分でできる対策の中では最も早く、効果も一番感じられるのがアイロンでくせ毛を伸ばすことです。

美容師からのアドバイスとしては、そのままアイロンしてもいいのですが、その前に先ほど説明した濡らして乾かす工程を挟んであげるとアイロンがやりやすくなりますし、髪への負担もなくなります。

コードレスの持ち運びできるヘアアイロンもありますので、カバンにいれておくと気になったときにいつでもくせ毛を伸ばせますよ。

アイロンは一気に髪を挟まず、少しずつ毛束をとってアイロンするのがポイントです。

メリット

ブローで伸ばしきれないくせもアイロンなら伸ばすことができます。

前髪は特に少しのうねりでも気になる人がいると思いますのでそのような方にはアイロンをおすすめします。

デメリット

同じ部分に長時間、何度もアイロンをしてしまうと髪が傷んでしまいます。

できるだけ5秒以上同じ部分にあてず、一回で終わらせるようにしましょう。

アイロンの時間や負担を最小限にするためにも一回濡らすという工程をすることをおすすめします。

 

縮毛矯正

一番有名なくせ毛を治す方法ですね。効果が3ヶ月(根元が伸び、くせ毛が目立ってくるまで)ほどは持続しますので、その間はアイロンなどもしなくてすみます。

根元が伸びてくるとくせ毛が目立ってきますのでその時はまたやり直す必要があります。

ネックとしては料金が高いという点。サロンにもよりますが、おおよそ15,000円前後は必要です。

全体を縮毛矯正することに抵抗がある男性は、前髪だけなどポイントでする事も可能。(その場合は料金も安くなります)

担当に美容師さんと相談して下さいね。

 

髪質改善

縮毛矯正に似ていますが、厳密には、少し違う特殊な施術。

髪質を改善してサラサラな髪に導きます。男性の方で「CMの女優さんのようなサラサラ髪にしたい」という方はあまりいないでしょうが、ご興味があるならぜひ。

ちなみに特殊な技術や知識がいりますので美容院ならどこでもできる訳ではなく、専門店や髪質改善を売りにしている美容師さんにお願いしましょう。

 

くせ毛用のシャンプーを使う

毎日のシャンプーで対策をすれば前髪などのくせ毛も扱いやすくできます。

いろいろなくせ毛シャンプーが販売されていますので自分に合ったものを使ってみましょう。

もちろん、美容師に選んでもらうのが最善の選び方です。

 

生活習慣の改善

くせ毛の原因でも解説しましたが、喫煙や食生活などの生活習慣を解説していけば、くせ毛をマシにすることも可能です。

遺伝によるくせ毛を治すのは難しいですが、なんらかの原因でくせ毛になっている、くせ毛が悪化した人は髪や頭皮に優しい生活を送ることで改善することができます。

バランスの良い食事、適度な運動、質の高い睡眠など基本的なことを意識すればOKです。

 

セットをきちんとしよう

やはり男性ならビシッとかっこ良く決めたいですよね。しかし、前髪にくせ毛があるだけでスマートな印象になれなかったりします。

そこで大切になるのはスタイリング。

先ほど説明した濡らして乾かす方法やアイロンでくせ毛をのばしたり、あえてくせ毛を活かすようなスタイリングをしたりとヘアスタイルにも工夫が必要です。

次の項目からはくせ毛をスタイリング方法やくせ毛を活かせる、目立ちにくくできる髪型について解説していきます。

 

前髪のくせ毛を活かすスタイリングについて

毎朝、前髪のくせ毛を治すのは確かに面倒です。そんな時はあえて「くせ毛を活かすスタイリング」をしてみてはいかがでしょうか。

「パーマ、どこの美容院でされてるんですか?すごくいい感じですね。」

「いやいや、くせ毛なんですよ!」

こんな会話ができたら成功です。

前髪を上げる

男性の場合、前髪がそんなに長くないのなら前髪を上げてスタイリングしてみてはいかがでしょうか?

幸いにも、くせ毛の人は前髪を上げやすいことが多いのでぜひ挑戦してみて下さい。

 

パーマ風ウェットスタイリング

前髪だけでなく全体にもくせ毛がある場合、あえてパーマっぽくスタイリングするのもおすすめ。

乾いたら状態の髪ではやりにくいので、一回全体を濡して(水スプレーでもOK)濡れたままワックスやムース、ジェルをつけてみましょう。

くせ毛を活かしつつ、ちょっとセクシーな男性を演出できます。

 

くせ毛メンズに適したスタイリング剤の選び方

くせ毛を活かすスタイリングにはワックスやムースなどスタイリング剤を適切に選ぶことも大切です。

前髪をあげるなら

⇒クレイ系・ハード系ワックス+スプレー

基本的にワックスでスタイリングしてスプレーでキープという王道のやり方で問題ありません。

水分の多いワックスだと前髪が落ちてきたり、くせ毛がさらに出やすくなったりしますのでクレイ(泥)系かクリームタイプのハードワックスがおすすめです。

パーマ風ウェットスタイリングなら

⇒ジェル(ミディアムくらいのセット力)

ウェットスタイリングなら断然ジェルがおすすめ。選ぶポイントはハードすぎないものが扱いやすいのでいいと思います。

もちろん「ムース」が好きな方はムースでも問題ありませんよ。

ちなみに私の一押しは「モルトベーネ ロレッタ」のジェルです。女性用なのですが、男性が使ってもいい感じに決まりますよ。

 

前髪のくせ毛も目立ちにくいメンズの髪型

ベリーショート

男性モデル ショート画像

くせ毛の場合もかなり短く切ってしまえば、それほど気になることはありません。

むしろ、くせ毛が良い感じにニュアンスのある毛束を作ってくれるのでパーマでは出せない雰囲気の良いヘアスタイルにできます。

前髪のくせ毛も気にならないくらいになりますし、誰からみても「好印象」なヘアスタイルです。

スタイリング剤もワックス・ジェルなど種類を選ばないのでお手入れも簡単です。

毛束感を出してオシャレに決めたい人は「ハードなワックス」で、ちょっとワイルドに色気のある男性を演出したいのなら「ジェル」でスタイリングするのがおすすめ。

 

ミディアムマッシュ

男性ヘアスタイル マッシュ

マッシュ系はくせ毛や広がりやすい髪とも非常に相性がいい髪型です。

クシャクシャとパーマ風にスタイリングしても可愛い系男子になれますし、前髪にくせがあってもオシャレに見せることのできる髪型です。

マッシュ系にする場合、髪は少し長めの方が雰囲気が出ますので、あまり短く切りすぎず、ちょっと野暮ったいくらいがおすすめ。

好き嫌いが分かれる髪型でもありますが、オシャレ系男子にはぜひ。

 

ツーブロック+前髪あげ

男性 ヘアスタイル ツーブロック

横のふくらみが気になる人もくせ毛さんの中には大勢いらっしゃいます。

そんな時はサイドを刈り上げてツーブロックにしてみましょう。また前髪も上げてスタイリングすればくせ毛も気になりませんし、ワイルドで強い男性を演出できます。

ツーブロックはとても万能な髪型で、前髪を下すと一気にオシャレ系に。サロンモデルや美容師さんのような雰囲気のあるオシャレさを出すことも可能なんです。

前髪を下す場合はくせ毛をクシャっと活かせるようにスタイリングしてみましょう。

前髪を上げてワイルドにするには「ジェル」、逆におろしてオシャレ系にするなら「ミディアム系ワックスやムース」を使うのがポイントです。

 

無造作パーマ

男性ヘアスタイル 無造作パーマ

いっそのこと、パーマをあててしまってくせ毛を馴染ませてしまうのもひとつの方法です。

全体に無造作なパーマをしてあげればスタイリングも楽ですし、くせ毛と気付かれずに済みます。

スタイリングも「ムース」でクシャっとすればOKです。

ある意味、一番時間をかけずにスタイリングできるくせ毛メンズの髪型かも知れません。

 

ボウズ

男性ヘアスタイル ボウズ画像

ソフトモヒカンなども坊主に含まれます。サイド、襟足は刈り上げでスッキリ、トップだけ少し長さを残して髪を遊ばせやすくすればくせ毛に全く困らないボウズスタイルの完成です。

前髪も短くしてしまうのでくせ毛が目立つこともありません。

唯一のデメリットとしてはすぐに伸びてしまうので月に1回くらいの頻度でカットは必要。

それを除けば、くせ毛メンズにもすごく快適な髪型です。

 

カットの際の注意点

くせ毛の人はカットの際にもどんな髪型にすればいいだろうと悩みがちですよね。

上記で解説した5つのヘアスタイルならオシャレに決めることができますが、その他にも注意点をいくつか解説しておきます。

美容院でのオーダーの際にお役立て下さい。

くせ毛は髪が短いほど出やすい

基本的に前髪だけに限らず、くせ毛は髪の毛が短くなるほど出やすいのが特徴です。(ベリーショートは別)

髪が長いと重みでくせが伸びるので、それを忘れて切ってしまうといきなりくせ毛がでてしまったりもします。

男性のミディアムくらいの長さは一番くせがでやすい長さですので、その点は注意して、くせが出にくい短さまで切るか、マッシュ系などくせを活かしやすい髪型にしましょう。

セニング(髪の量をすく)しすぎはNG

男性は髪の量も多いですよね。

「髪が多いのですいてください」そんなオーダーをしている人もたくさんいます。

くせ毛はすきすぎるとさらにまとまりがなくなり、ひどい状況になってしまうこともあります。これは美容師の腕も問われますね。

このような理由からもくせ毛メンズの髪型はベリーショートやボウズスタイルか重さを残したマッシュ系がいいとされているのです。

くせ毛の扱いが上手い美容師を探そう

最終的に一番大切なのはくせ毛をカットするのが上手い美容師さんに出会うこととも言えます。

どうやって探せばいいの?と疑問でしょうが、実はすごく簡単でして、

「あなたの知り合いでくせ毛だけど素敵な髪型をされている人」を探してみてください。そして、その人に「どこの美容院の何という美容師さんに切ってもらっているの?」と聞いてください。

もし可能であれば紹介してもらいましょう。これが一番確実な方法です。

もし、知り合いにくせ毛の人があまりいない時は

ホットペッパービューティー ロゴ

ホットペッパービューティー

を活用してみましょう。こだわり検索では「くせ毛・うねりのお悩み解決」などの項目もあります。

きっと相性のいい美容師さんに巡りあえますよ。

 

 

まとめ

みなさん、いかがでしたか?

前髪のくせ毛はちょっとした工夫で対策が可能です。

もし、どうしてもうまくいかないなら前髪だけ縮毛矯正などをするのもいいでしょう。

そして、忘れないでほしいのは「くせを活かす」という選択もあるということ。

 

関連記事

くせ毛対策シャンプーをたくさん紹介しています。

【口コミ多数】市販のくせ毛シャンプーおすすめランキング20選!

 

美容師が教えるくせ毛シャンプーの正しい選び方の記事

美容師おすすめ!くせ毛シャンプー&トリートメントの正しい選び方

 

などもぜひ参考にして下さい。

くせ毛の対策方法の正解は一つではありません。

自分にあった方法で前髪やくせ毛と向き合い、かっこいい男性を目指しましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

美容ノート|プロが教える美容情報サイトの注目記事を受け取ろう

メンズモデル 画像

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美容ノート|プロが教える美容情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Hachi

Hachi

美容note.編集長
Stellamaris株式会社 代表取締役

くせ毛の扱いを得意とする現役美容師であり、独自の美髪理論を持つ。
また自らの毛髪・美容知識を活かし、美容メーカーとのコラボレーションによる髪色アプリの開発やオリジナルのシャンプー・トリートメントの研究など活動は多岐にわたる。
常に「本質の美」を世に届けるために情報を発信中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【保存版】前髪が薄い人に贈る5つの薄毛対策方法

  • 頭皮が赤い!原因と4つの対処法~薄毛にならないために~

  • 頭皮ケアにおすすめのシャンプーランキング10選~地肌ケアには優しいものを~

  • 美容師もおすすめ!メンズシャンプーの正しい選び方

関連記事

  • 【謝恩会や卒業式用】かわいい髪型まとめ!袴やドレスに合わせるヘアアレンジ20選

  • 【成人式】ボブの髪型アレンジカタログ26選!編み込み・アップスタイルなど

  • 【必見】アミノ酸シャンプーで抜け毛が増える!?その原因と本当におすすめのシャンプー教えます!

  • 口コミ多数!おすすめ市販シャンプーランキング23選~安くて効果ありなのは!?~

  • 【ドライヤー】美容師がおすすめする人気ランキング13選

  • 髪の乾燥・パサつきを改善したい!美容師が教えるパサパサ髪の原因と対策パーフェクトマニュアル