1. TOP
  2. 頭皮が赤い!原因と4つの対処法~薄毛にならないために~

頭皮が赤い!原因と4つの対処法~薄毛にならないために~

 2016/10/26 ヘアケア
 

「頭皮が赤いな…なぜかな?」

あなたもふと生え際などが赤くなっていることに気づいたのではないでしょうか?原因や治し方を知りたくはないですか?

髪や頭皮を守るために頭皮環境はいつも正常にしておかないといけません。ですが、実は頭皮はかなりトラブルの起こりやすい場所でもあります。

頭皮の赤みもその一つ。なかなか気づきにくいですよね。もちろん、そのままにしておくのはよろしくありません。

この記事では頭皮が赤くなってしまう原因やその対処方法を「美容師」が紹介していきます。

お客様でも頭皮が赤くなっている方はたくさんいます。じっさいに行っているアドバイスも元に分かりやすく書かせていただきますね。

ぜひ、日々の頭皮ケアにお役立て下さい。

Q. 頭皮が赤いのは危険なのですか?

A.頭皮が赤いということは、なんらかの頭皮トラブルがおこっている可能性大です。

 

多くの人が…“手のひらなどもピンク味を帯びているし頭皮が多少赤くても普通でしょ?”

そんなふうに思ってしまいがちなのですが、実は間違い

 

健康な頭皮は上記の画像のように青白い色をしているんです。

 

頭皮の赤みは自然に治っていくものもあれば、適切な対策が必要なものもあります。

もし頭皮が赤くなっているのを見つけたのなら、いますぐできる対策をはじめましょう。

 

Q. 頭皮の赤みは薄毛の原因にもなるって本当?

A.可能性は低いですが、リスクは”0″ではありません。

 

“頭皮の赤みは気をつけないと薄毛になる”

よくこんな事が書いてあるサイトも見かけますね。これは少しおおげさな表現です。しかしリスクがないわけではありません。

頭皮は髪の毛が生えているのでチェックしにくく、見逃すことも多いです。はじめは小さなトラブルでも放置しているとおおきな頭皮トラブルに発展することもあります。

頭皮が赤くなっているからといってすぐに抜け毛や薄毛になるわけではありません。ですが、放置してしまうもいずれは薄毛になってしまうリスクもあります。

しっかりと覚えておきましょう。そして焦らず対策をきちんと行うことが大切です。

 

Q. 頭皮が赤くなりやすい人の特徴はありますか?

A.下記の4つのうち、どれかひとつでも当てはまるなら要注意。

  • ヘアケアに無関心な人
  • 営業職、外出の多い人
  • ヘアカラーやパーマをよくする人
  • 面倒くさがりなヒト

逆にあてはまらないように気をつけたり、対策をすれば頭皮の赤みを予防できます。

1. ヘアケアに無関心な人

じぶんの頭皮に無関心だと赤くなっていても気づきませんよね。対策や予防もしていないでしょう。

ですのでこういう人ほど”手遅れ”になってしまうリスクがあります。

じぶんのたいせつな体です。薄毛やはげになりたい人はいませんよね。

マメに頭皮などもチェックしてみましょう。そして、髪や頭皮にいいシャンプーを使うなどかんたんなケアからでもいいので始めてみましょう。

2. 営業職、外出の多い人

営業マンや農家、スポーツマンなど日光をあびる機会のおおい人も要注意です。

また時間帯では8:00~9:00くらいがもっとも紫外線量がおおくなります。サラリーマンやOLさんはちょうど通勤時間ですよね。

お肌といっしょに髪や頭皮のUVケアもしっかりと行いましょう。営業職の人は髪のUVスプレーをつねにカバンにいれておくのもいいですね。

3. ヘアカラーやパーマをよくする人

頻繁にカラーリングやパーマをしたり、かなり奇抜なヘアスタイルがすきなひとも注意が必要です。奇抜なカラーや強めのパーマはかなり強い薬剤を使うので頭皮への負担も大!さらに頻繁にするのであればかなり注意しないといけませんね。

また美容院によってもカラーやパーマ後の髪の処理の仕方は違います。しっかりとアフターケアもしてくれるサロンを選ぶのが正解です。←これについては記事の後半で解説しますね。

4. 面倒くさがりな人

とにかくシャンプーや自分の髪に手間やお金をかけたくない人も頭皮が赤くなってしまう危険が高いです。

頭皮や髪を雑にあつかった代償はのちに取り返しのつかない形でかえってくることもあります。

ここからは頭皮が赤くなる原因や対策方法も紹介してくのでぜひ参考にしてください。無関心、面倒くさがりな方もこれをきっかけに自分のヘアケアを見直してみてはいかがですか?

 

Q. 頭皮が赤くなる原因を教えてください

 

A.頭皮が赤くなるのは、かんたんに言うと「頭皮の炎症」によっておこります。

 

では頭皮の炎症をひきおこす原因について紹介していきます。以下をご覧ください

①皮脂の過剰分泌が原因

体内のバランスが崩れて、皮脂が大量に分泌されるとそれをエサにして雑菌が繁殖します。それにより頭皮が炎症をおこしてしまうわけです。

体質で皮脂がでやすい人もいますし、食生活が原因のばあいもあります。

皮脂がですぎている場合、ほうっておくと「脂漏性皮膚炎」に悪化することもありますので注意が必要です。

 

②シャンプーが原因

使っているシャンプーが頭皮にあっていない、シャンプーの仕方が雑などの場合も頭皮は赤くなってしまいます。

とくに市販シャンプーは頭皮への刺激は強いの注意が必要。かゆみなどアレルギー反応がでることも珍しくありません。シャンプーは毎日するものですので、間違えればどんどん頭皮に負担を与えてしまいます。

この記事の対策方法の部分で頭皮に優しいシャンプーや正しいシャンプー法を紹介しますので参考にしてみましょう。

 

③整髪料が原因

ワックスやヘアスプレーなどをお使いの方もいますよね。実はこれらのスタイリング剤が原因で頭皮が荒れてしまう人もいるんです。

天然成分や香料などが肌にあわない人もおおぜいいます。

スタイリングしたあとに違和感を感じるようならそのスタイリング剤は使うのをやめましょう。

 

④紫外線による日焼けが原因

紫外線は頭皮を老化させることが証明されています。

みなさん日焼けをして肌が痛くなった経験はありますよね。頭皮ももちろん日焼けします。

ですが、肌はUV対策をするのに髪や頭皮は対策しない人が圧倒的に多いのが現状。

美容院専売メーカーの「DEMI」さんの資料によると

紫外線

出典元:http://www.demi.nicca.co.jp/hair_labo/forefront/mouhatu_02.html

6~9月にかけて紫外線量は多くなるとのことです。夏場はとくに頭皮の日焼けにも気をつけましょう。

いかがですか?さまざまな原因で頭皮は赤くなってしまいます。さらに進行するともっとひどい症状がでることも!それが…

フケやかゆみ、痛みやできものをともなう場合は頭皮湿疹かも

  • 脂漏性皮膚炎
  • アトピー性皮膚炎
  • 皮脂欠乏性皮膚炎
  • 接触性皮膚炎

などのばあい、フケや痛み、ブツブツしたできものがでるケースがあります。かゆい、痛いなどをかんじた場合は我慢せず皮膚科を受診しましょう。

かさぶたなどができるとフケなどもひどくなりますので、その前に治してしまうことが大切。

ただ頭皮が赤いだけでも放置しているとこの頭皮湿疹になってしまうこともあります。早いうちから対策をすべきですね。

 

 

Q. 頭皮の赤みを改善する対策方法を教えてください

A.以下の4つのポイントをおさえることで「頭皮の赤み」は対処することができます。

  1. シャンプーの改善
  2. 頭皮の負担を減らす
  3. 生活習慣を改善
  4. 皮膚科を受診

⑴ シャンプーを変えてみる

上記の動画は正しいシャンプーの解説動画です。女性向けに編集されていますが男性のかたにもぜひ実践いただきたい内容です。

じっさいにこのシャンプーを実践し、薄毛を改善された人もいるようです。ぜひ参考にして正しいシャンプーをしましょう。それが頭皮環境改善への近道です。

 

またどんなシャンプーであらうにもこだわってみましょう。アミノ酸シャンプーやノンシリコンシャンプーなど頭皮にやさしいとされているものもたくさんあります。

こちらの記事もよんでいただいて自分の頭皮にぴったりのシャンプーをみつけましょう。

頭皮ケアにおすすめのシャンプーランキング10選~地肌ケアには優しいものを~

 

⑵ 頭皮の負担になることを減らす

ヘアカラーやパーマなども頻度をおとしたり、頭皮に負担の少ない薬剤をつかってもらえるように美容師さんにお願いしてみましょう。その他では紫外線対策も大切。帽子や髪のUVスプレーもつかって頭皮の日焼けも予防するひつようがあります。

またさきほど説明した美容院選びも大切です。

例えば…

Aの美容院はキレイにカラーをしてくれる

Bの美容院はキレイにカラーをしてくれるうえ、頭皮に負担の少ない薬や技術にこだわっている。さらに薬による頭皮の荒れをおさえるケアも同時にやってくれる

もちろんBのほうが親切ですよね。すべての美容院がBであることが理想です。しかし現実はそうでもありません。

よりあなたの頭皮や髪のことを考えてくれる信頼できるサロンをみつけましょう。担当者によっても髪や頭皮のダメージは違ってきます。

 

⑶ 運動や睡眠など生活習慣を見直す

  • 運動
  • 睡眠時間
  • ストレスの発散
  • 食生活

を見直してみましょう。自分は良い生活習慣を送れていると思いますか?

正直、筆者の私は乱れた生活を送っています。どちらかというと日本人は生活リズムも乱れている人が多いのではないでしょうか?

これを見直していくだけでも頭皮環境は改善されていきます。

 

関連記事

【永久保存版】髪にいい食べ物・栄養・レシピ37選まとめ

 

⑷ 皮膚科を受診する

何をしても改善できない!!そんなときは病院へいきましょう。

頭皮=皮膚のことは皮膚のプロにみてもらうのが一番です。薬なども処方してもらえればひどい頭皮湿疹などでも半月ほどで完治できます。

我慢をするメリットは何もありません。素人判断は症状をよけいひどくすることもあるんです。はやく治してストレスフリーになりましょう。

 

絶対ダメ!頭皮が赤い時にNGなこと

女性モデル ダメ

頭皮が赤くなってしまっているときには

  1. 頭皮に刺激を与える
  2. 雑なシャンプーやドライヤーに注意
  3. 自己流ケアはNG

この3つに気をつけないと症状を悪化させてしまうことも。すこし気をつければふせげることです。予防としても大切なことなので覚えておきましょう。

1. 頭皮に刺激を与える

赤くなった頭皮は敏感です。ヘアカラーやパーマもいつもよりしみたりして痛くなるかもしれません。またかぶれや荒れに発展してしまうこともあります。

そのほかにはメントール入りのシャンプー(スーッとするもの)なども刺激がつよいので頭皮の赤みがひくまで控えておいたほうが無難です。

2. 雑なシャンプーやドライヤーに注意

頭皮環境を守るためのケアの中でも特に大切なシャンプーとドライヤー。これを雑にしてしまうと頭皮のトラブルがひどくなることもあります。

とくに赤みがでているのなら、頭皮は弱っているということです。いつもよりさらに優しくシャンプーやドライヤーで乾かすようにしていきましょう。

3. 自己流ケアはNG

自分流のケアがただしいと思いこんでいるとそれが原因で症状がひどくなることもあります。

じっさいに私のお客様のエピソードですが、、、

頭皮の赤みと乾燥が出ていて、乾燥はドライヤーで乾かしすぎと思いドライヤーをしなくなったらしいです。

私のもとへ来店されたときには髪はボロボロ、頭皮もかなりひどい状態でした

上記は極端な例ですが、自分で判断せず専門家にはんだんしてもらうことも大切です。ぜひ皮膚科医や美容師にも相談してみましょう。

 

 

まとめ

みなさんいかがでしたか。頭皮のお悩みは解決できそうですか?

頭皮が赤いのが気になってしたけど、なんとなくほったらかしにしていませんか?もしそうなら明日といわず、今日からできることをはじめましょう。

痛みやかゆみがないのであれば心配しすぎることはありません。この記事で紹介したことを少しでも意識してもらえればすぐに改善にむかうはずです。

ぜひ実践いただきたいのでもう一度、おさらいしておきます。

  1. シャンプーの改善
  2. 頭皮の負担を減らす
  3. 生活習慣を改善
  4. +αそれでも改善できないときは病院へ

です。頭皮が赤くなるのを予防、対策するだけでなく、頭皮トラブル全般に効果的です。

みなさんの頭皮のおなやみが1日でも早くなくなりますように。。

\ SNSでシェアしよう! /

美容ノート|プロが教える美容情報サイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美容ノート|プロが教える美容情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Hachi

Hachi

美容note.編集長
Stellamaris株式会社 代表取締役

くせ毛の扱いを得意とする現役美容師であり、独自の美髪理論を持つ。
また自らの毛髪・美容知識を活かし、美容メーカーとのコラボレーションによる髪色アプリの開発やオリジナルのシャンプー・トリートメントの研究など活動は多岐にわたる。
常に「本質の美」を世に届けるために情報を発信中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • フケ対策、予防におすすめのシャンプー~選び方と美容師のオススメシャンプー8選~

  • 女性のフケ対策!自宅ですぐにできるシャンプーや食生活での対処法を教えます

  • 女性のフケの原因は何?シャンプーしてもフケが出るのはなぜ?

  • フケを止めるシャンプーの仕方~髪の洗い方でフケは出なくなる

関連記事

  • 【女性の薄毛】育毛剤か皮膚科(病院)どちらから始めるべき?

  • モンゴ流シャンプー薬用オーガニクスを使ってみた口コミと解析

  • 女性用育毛剤の正しい選び方まとめ~効果なし!と後悔しないために

  • チャップアップサプリの成分・副作用と効果口コミまとめ

  • 話題沸騰!ラックス「ボタニフィーク」シャンプーを使ってみた私の口コミ

  • アミノ酸シャンプーで頭皮の”かゆみ”が起こる原因は?~敏感肌さんは注意しよう~