1. TOP
  2. ヘアケア
  3. 女性のフケ対策!自宅ですぐにできるシャンプーや食生活での対処法を教えます

女性のフケ対策!自宅ですぐにできるシャンプーや食生活での対処法を教えます

 2017/10/15 ヘアケア
 
女性 フケ 対策

フケが急に出てしまって困っています。

自宅でも簡単にできるケアや対策方法を教えてください。

 

今回はこんなお悩みに対してお答えしていきます。

女性でもフケに悩んでいる人ってかなり多いイメージ。

いや、常に美しくいたい女性だからこその悩みでもあるのかも知れませんね。

美容院でも非常に多くいただくお悩み相談です。

では、私が実際にお客様にもお伝えしている自宅でも簡単にできる対策を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

解答

自宅で誰でもできるフケの対策は3つ!

  1. シャンプーを変えてみよう
  2. 洗い方を見直そう
  3. 頭皮への刺激になることを止めよう

では、ひとつひとつ解説していきますね。

 

①シャンプーを変えてみよう

フケ 対策 シャンプー選び

自分に合っていないシャンプーを使うとフケが出てしまうことがあります。

頭皮環境の変化により、今まで問題なかったシャンプーがいきなり合わなくなることもあるので、まずはシャンプーを交換してみることをオススメします。

「アミノ酸シャンプー」や「ベタイン系(ベビーシャンプー)」のものにしてみましょう。

間違っても市販のスカルプシャンプー系にはしないでください。

洗浄力がかなり高く、頭皮への刺激も強めなものが多いので、あまりオススメできません。

 

②洗い方を見直そう

女性のフケ対策 シャンプー

洗いすぎ、または洗い残しやすすぎ残しが原因でフケになるケースも本当に多いです。

1日1回、丁寧に洗い、十分にすすぐことを意識しながらご自身のシャンプーを見直してみましょう。

フケが出るからって何回も洗ってはいけませんよ。

 

③頭皮の刺激になることを止めよう

フケが出ているということは、頭皮が弱ってしまっている証拠。

ですので、頭皮への刺激になることは極力、控えてほしいです。

具体的な例をあげると…

  • ヘアワックスやスプレー類などのスタイリング剤
  • ヘアカラーやパーマ
  • ドライヤーでの乾かしすぎ

など。

髪をスタイリングできないと困る人もいるでしょうが、フケを一刻も早く治したいなら、治るまでの期間は我慢していただきたく思います。

フケ 対策 ドライヤー

あと気をつけてもらいたいのが、ドライヤー。

女性ならスキンケアの基本はお肌を乾燥させないことだと知っていて、保湿に気を使っている人も多いはずです。

ですが、頭皮はどうですか?しかもドライヤーは頭の肌(頭皮)をどんどん乾燥させる行為。

髪が長くて時間もかかるし、面倒だとは思いますが、乾かしすぎないように丁寧にドライヤーをしてくださいね。

 

まずはこの3つに気をつけてみてください。

簡単ですけど、効果的で実際にお客様の中には「シャンプーを変えたら治った」、「丁寧に洗うようにしたらマシになってきた」などすぐに改善に向かう人もいます。

ぜひ、今日からやってみてください。

 

さて、あなたはそもそもなぜフケになってしまったか、原因は分かっていますか?

原因を知らないとまたフケを繰り返してしまうかも知れませんし、効果的な対策もできません。

ここからはフケの原因やちょっと大変だけど、シャンプー以上に大切なフケの対策方法などを一気に紹介していきます。

まずはフケって頭皮の〇〇〇不足が原因だってお話からさせていただきます。

フケの原因は頭皮のスキンケア不足

フケは頭皮の乾燥が原因でおこる乾性のフケと、皮脂の過剰分泌が原因でおこる脂性のフケの2種類があります。

ですが、そもそも根本的な原因は同じで、頭皮のスキンケアができていないからです。

顔のスキンケアとお肌トラブルに例えながらみていきましょう。

頭皮のスキンケア

あなたもこんな感じではないでしょうか?

<洗う>

  • 顔: ゴシゴシするのはダメ(常識、みんな知ってる)
  • 頭皮: シャンプーはゴシゴシ洗う

<ケア>

  • 顔: 洗顔後、化粧水などをつける(じゃないと荒れちゃう)
  • 頭皮: 何もつけない

<乾燥対策>

  • 顔: 冬などは乾燥するので、保湿に気をつかう(カサカサ肌になるので)
  • 頭皮: 冬でも関係なく、ガンガンにドライヤー

いかがですか?あなたも当てはまるのではないでしょうか?

顔のお肌はケアするのに頭皮ケアは何もしない、しかも、顔のスキンケアではやってはダメとされていることも、頭皮にはしてしまっている人が本当に多いのです。

これでは頭皮が荒れてフケが出てしまっても仕方ないですよね。

 

スキンケアとフケ対策は似ています

女性のフケ対策はスキンケアと似ている

普段あなたもしているスキンケアと同じように頭皮のケアをしてあげると、効果的なフケ対策になります。

この記事の冒頭でも紹介したように、基本はシャンプーが大事ですが、その他にも…

  • ちゃんとケアをしてあげること
  • 自分に合っているケア用品を使うこと
  • たまにはスペシャルケアもしてあること
  • 頭皮が傷つかないように気を配ること

などなど!やれることはたくさんありますので、具体的な例をあげて、より詳しくみていきましょう。

1、 シャンプーを見直そう

☞チェックポイント

  1. 自分にあったシャンプーをつかっているか?
  2. すすぎはしっかりとしているか?
  3. シャンプーをの頻度は適切か?

記事の初めでもお話したように、自分に合っていないシャンプーを使っているためにフケに悩む人が多いです。

基本は洗浄力の強すぎない「アミノ酸シャンプー」がオススメ。

ですが、脂性のフケ(ベタっとしたおおきなフケ)の人の場合は、配合されている「オイル」にも気をつけましょう。

脂性のフケの原因となる雑菌は油分をエサに増えますので、オイル成分が頭皮に残ると良くありません。

しっかりとすすぐか、もしくはオイル系の成分が配合されていないものを選びましょう。

フケ対策に効果的なシャンプーのための注意点

また、すすぎが最も重要です。

シャンプー前も後も最低2分はかけて、しっかりとすすいでください。

特に襟足や耳後ろはシャワーをしっかりとあて、入念に流しましょう。

 

そして、シャンプーの頻度は1日1回

洗いすぎも逆に頭皮の皮脂の過剰分泌を招くので、良くないんですよ。

乾燥がひどいと感じるときは、シャンプーを使わずにお湯だけで洗う「お湯シャン」にするなど、自分の頭皮状態に合わせたケアが必要です。


さらに詳しく正しいシャンプーの仕方を知りたい人は以下の記事も要チェックです。

▷ フケを止めるシャンプーの仕方はこちら

 

2、 頭皮の保湿をきちんとしよう

洗顔後にお肌を化粧水や美容液でケアするように、頭皮もシャンプー後にはケアをしてあげてください。

ドライヤーで乾かすのも8割くらいでOKです。

それ以上乾かすと頭皮の乾燥がひどくなりますので、8割乾いたらドライヤーを冷風に切り替え、仕上げるようにしてください。

育毛剤は頭皮の美容液

また、より効果的に頭皮ケアを行うなら育毛剤がオススメ。

育毛剤はスキンケアでいう、美容液に相当するものです。

髪を育てるだけでなく、ほとんどの育毛剤には「グリチルリチン酸2K」などの抗炎症成分(荒れやかゆみを軽減)、「ヒアルロン酸」などの保湿成分が配合されています。

フケの対策や予防もでき、強くキレイな髪を育てることにもなりますので、一石二鳥なんです。

 

4、 オイルでのマッサージも効果的

シャンプー前の頭皮のオイルマッサージ(セルフヘッドスパ)もフケには効果的です。

ホホバ油やココナッツオイルなどが人間の皮脂に近く、髪や頭皮に馴染みやすいのでオススメ。

これらのオイルには、皮脂を浮かせて落としやすくしたり、お肌を柔軟に保つ、雑菌が繁殖をおさえる効果などがありますので、自宅でも取り入れてみましょう。

頭皮オイルマッサージ

  1. 乾いた頭皮にオイルを塗り、頭皮全体になじませる
  2. 指の腹を使って、クルクルと円を描くようにマッサージ
  3. マッサージ後、5~10分ほど放置(ホットタオルを頭に巻くと、なお良し)
  4. 普段通りにシャンプーをする(オイルの流し残しがないように!)

流し残すと、脂性のフケの人の場合、痒みが出たり、フケが悪化することもありますので、しっかりとすすぎましょう。

1週間に1~2回くらいのページでこのオイルマッサージをしてみてください。

 

3、 紫外線やストレスから頭皮を守ろう

頭皮の乾燥は紫外線やストレスからも起こります。

頭皮は顔の2倍の紫外線を浴びているので、夏場は特に帽子や日傘で、UV対策を徹底しましょう。

また最近、注目されているのは「ストレスと乾燥肌の関係」

ストレスと乾燥肌の関係

あるスキンケア研究所のデータでは、ストレスを感じている人の乾燥肌率がストレスを感じていない人よりも1.4倍上がるというデータも出ています。

実際にストレスでの緊張状態は頭皮の毛細血管を収縮させ、血行不良をまねくことも知られています。

一見、無関係に思える紫外線やストレスを対策することもフケ予防にはとても大切なことです。

 

フケを繰り返さないために

女性のフケの予防と対策

☞ポイント

食生活や睡眠、運動やストレス発散などのインナーケアもフケ対策として大切!

フケは一度治っても、何度も繰り返すことが多いです。

私自身、なぜ毎回、毎回フケが出てしまうのだろうと悩んでいた時期もありました。

キレイは内側から、とよく言いますが、まさに頭皮の健康も内側から作っていくものです。

毎回フケを繰り返してしまうのは、内側のケア(インナーケア)ができていない可能性が高いです。

食生活を改めよう

お肌の健康は食で決まるといっても言い過ぎではないでしょう。

フケが出てしまう人は、食事のバランスも乱れていることが多いです。

胃腸の働きが不調な人は皮脂が出やすかったりもします。

脂肪や糖類の多い食事はできるだけ控え、良質なたんぱく質やビタミン類などバランスよく取り入れていきましょう。

  • たんぱく質
  • 亜鉛
  • ビタミン類

の3つがとくに大切

栄養のバランスが整えば、頭皮のターンオーバーも正常になり、フケ対策や予防につながります。

さらに詳しくは以下の記事をご覧ください。

▷ 髪や頭皮にいい栄養、食材、レシピのまとめ

 

睡眠をきちんと取ろう

睡眠 頭皮ケア

お肌の健康のためには睡眠も欠かせません。

睡眠不足が続くと、体内のホルモンバランスなどが崩れてしまい、肌が乾燥しやすくなるのです。

現代ではなかなか難しいのかもしれませんが、毎日同じ時間に寝て、同じ時間に起きる、最低6時間の睡眠をとるなど意識していきましょう。

 

軽い運動で血行促進とストレス解消を

運動が頭皮の健康にも役立って知っていましたか?

薄毛治療のクリニックでも運動療法というものがあるくらい、頭皮の健康にとっても運動は重要。

激しい運動はストレスを感じてしまうので、よくありませんが、軽い運動で気持ちよく汗をかくと

  • 頭皮の血行促進
  • ストレスの軽減

にもつながり、かなり効果的。

最近、流行りのヨガなどは、最適だと思いますよ!

 

皮膚科受診も大切

何もしてもフケが改善できない、すごく症状が長引いている、そんな人は

  • 脂漏性皮膚炎
  • 乾癬

といった「皮膚疾患」の可能性もでてきます。

フケと一緒に、異常なほどの痒みなどを感じる場合などは早めに皮膚科を受診することです。

 

まとめ

まとめ

☞この記事のポイント

女性のフケ対策では以下の3つのことを意識してみましょう。

  1. シャンプーを見直す
  2. 頭皮もお肌の一部!スキンケアをしてあげよう
  3. インナーケア(体の内側からのケア)も大事

それでもフケが治らない、長引くようなら早めに皮膚科で相談してください。

軽度であれば、シャンプーを変えるだけでもすぐに改善するケースもよくあります。

今日からできるケアをたくさん紹介しましたので、ぜひ実践してフケのお悩みからサヨナラしましょう。

頭皮のお悩み、私たち美容師にでもいつでも相談下さいね!

それでは、素敵なヘアライフを。

 

<フケの関連記事>

▼ ついつい自分で悪化させてしまうフケ。その原因を解説

女性のフケの原因は何?シャンプーしてもフケが出るのはなぜ?

 

▼ フケ対策の基本はシャンプー。美容師が徹底的にレクチャーします

フケを止めるシャンプーの仕方~髪の洗い方でフケは出なくなる

 

▼ フケにおすすめのシャンプーを紹介

フケ対策、予防におすすめのシャンプー~選び方と美容師のオススメシャンプー8選~

 

\ SNSでシェアしよう! /

美容ノート|プロが教える美容情報サイトの注目記事を受け取ろう

女性 フケ 対策

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美容ノート|プロが教える美容情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Hachi

Hachi

美容note.編集長

Stellamaris株式会社 代表取締役


くせ毛の扱いを得意とする現役美容師であり、独自の美髪理論を持つ。

また自らの毛髪・美容知識を活かし、美容メーカーとのコラボレーションによる髪色アプリの開発やオリジナルのシャンプー・トリートメントの研究など活動は多岐にわたる。

常に「本質の美」を世に届けるために情報を発信中。

<有資格>

美容師免許

スキンケアアドバイザー

日本化粧品検定


この人が書いた記事  記事一覧

  • 確実にケアするための産後用育毛剤|選び方とおすすめ5選

  • フケ対策、予防におすすめのシャンプー~選び方と美容師のオススメシャンプー8選~

  • 女性のフケ対策!自宅ですぐにできるシャンプーや食生活での対処法を教えます

  • 女性のフケの原因は何?シャンプーしてもフケが出るのはなぜ?

関連記事

  • チャップアップ育毛剤の成分解析!効果なしという前に知っておくべき事実

  • 【病院は何科?】女性のための薄毛治療とおすすめクリニック

  • ボタニカルシャンプーとは?オーガニックと何が違う?美容師が解説します。

  • ミノキシジル配合の女性用育毛剤の効果と副作用について

  • 紫外線が頭皮に与える影響とは?紫外線ダメージの対策方法

  • 薄毛の女性でも似合う髪型11選【完全保存版】