1. TOP
  2. スキンケア
  3. アイクリームの正しい使い方と順番|スキンケアアドバイザーが目元のマッサージとツボも動画でご紹介!

アイクリームの正しい使い方と順番|スキンケアアドバイザーが目元のマッサージとツボも動画でご紹介!

アイクリームの使い方~動画で紹介~アイキャッチ

乾燥しやすく年齢が出やすい目元のケアとして人気のアイクリーム。

正しく使うともっと効果を感じやすくなります。

この記事ではスキンケアアドバイザーとしての知識や美容専門書の内容をもとに、アイクリームの効果を高めるための正しい使い方を動画と画像で説明します。

他にもアイクリームを使うときの注意点なども紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

アイクリームの使い方

クリームを塗る女性

アイクリームを買ったものの何となく適当にぬっている…なんてもったいないですよね。

どのスキンケアにも言えることですが、効果を高めるためには正しく使うことが大切です。

  • アイクリームの基本的な使い方
  • アイクリームを使ったマッサージ

どちらも1分程度でできるので、ぜひ毎日のスキンケアで試してみてください。

 

アイクリームの基本的な使い方

皮脂が少なく乾燥しやすい目元に、アイクリームを均等になじませるつけ方です。

正しいつけ方をマスターしてアイクリームの効果を無駄にしないようにしましょう。

 

アイクリームの使い方キャプチャ

①手の甲にとりクリームを温めて柔らかくする

②指先でまぶたと目の下にクリームを点置きする

③矢印に沿って薬指でトントントンと軽くたたくようになじませる

④矢印に沿って薬指をすべらせてなじませる

⑤最後に指の腹で目の周りを軽く押さえる

 

マッサージとツボ押し

目元のむくみやクマ(血行不良がよるもの)が気になる方は、マッサージとツボ押しも取り入れてみてください。

とくに朝起きた時の目元って腫れぼったいので、メイク前にマッサージをしてすっきりとした目をつくりましょう。

 

マッサージとツボ押しキャプチャ

①まぶたと目の下にアイクリームを点置きする

②血行を良くするため、薬指でトントントンと矢印の方向へ軽くたたく

③矢印にそって指を滑らせる×2~3往復

④中指を使って、3つのツボを押さえる(3秒×3セット)

 

アイクリームを使うタイミングと順番

クリーム

アイクリームを使うタイミング

アイクリームは基本的に朝と夜のスキンケアで使って下さい。

夜につけるイメージがありますが、日中の乾燥対策としても使えるので朝のメイク前につけても大丈夫です。

ただ、成分やテクスチャーによっては朝に使うときに注意が必要なアイクリームもあります。

  • レチノールを含むアイクリーム
  • こってりテクスチャーのアイクリーム

エイジングケア成分として人気のレチノールは紫外線に当たると効果が半減するとされ、さらに肌に炎症を起こしてしまう可能性もあります。

どうしてもレチノール配合のものを使いたい場合は、必ず日焼け止めをぬりましょう。

また、こってりしすぎたテクスチャーのアイクリームだとメイクがヨレやすくなるので重ね塗りには気をつけましょう。

 

アイクリームをつける順番

① 化粧水

② 美容液

③ 乳液

 アイクリーム

⑤ クリーム

※この順番は基本的なスキンケアの順番です。

※アイクリームではなく目元用美容液の場合は乳液やクリームの前に使ってください。

アイクリームは、基本的に最後から2番目につけると覚えておきましょう。

化粧水や美容液で肌を整えた後に、油分と美容成分を与えるという感じです。

もちろん使うものによって順番が違う場合もあるので、商品の説明をよく読んでつけてくださいね。

 

アイクリームを使う時に気を付けたいこと

花

化粧水や美容液もきちんと選んで使う

洗顔後の肌は一時的に肌の角質層の水分が非常に少なくなっている状態です。

まずは角質層を潤わせるために水分量の多い化粧水や美容液をつけてください。

油分の多いアイクリームのなじみを良くするためにも水分は必要です。

目元は凹凸がありつけにくい部分ですが、指の腹を使って優しく化粧水や美容液をなじませてください。

|おすすめの化粧水・美容液の選び方

セラミド配合の製品がおすすめ。

セラミドとはもとも肌の角質層に備わっている成分で、

  • 水分をキャッチして逃がさないようにする性質
  • 肌のバリア機能を正常に保つ作用

このような作用があります。

乾燥しやすい目元のためにも「セラミド」配合のものを選んでくださいね。

 

優しく滑らせるようにつける

顔の中でも特にデリケートな目元につけるので、優しくなぞるようにして塗りましょう。

アイクリームを浸透させるためにグッグッと強めに押してしまいがちですが、絶対にNGです。

肌への摩擦となり、しわや色素沈着の原因になるので注意してください。

マッサージする場合も指の腹を軽く肌に乗せて滑らせる感じで大丈夫です。

 

爪が長い場合は綿棒を使う

アイクリームの塗り方で薬指を使うとお伝えしましたが、爪が長いとうまくぬれません。

目の中にアイクリームが入ってしまったり、目に爪が刺さってしまうと危険です。

その場合は綿棒を使ってみましょう。

ただ、綿棒は指よりも摩擦が大きくなりやすいので、そっと優しく使ってください。

 

アイクリームQ&A

本と瓶と花

Q.アイクリームは何歳から使うべき?

年齢に関係なく乾燥や小さなしわが気になりだしたら使い始めるタイミングです。

20代でも普段からアイメイクに力を入れている人は、クレンジングにも力を入れるので目元が乾燥しやすくなります。

今はまだ乾燥を実感していないかもしれませんが、毎日のアイメイクとクレンジングの積み重ねで5年後しわしわの目元になっているかもしれません。

そうならないためにもアイメイクに力を入れている方には特にアイクリームはおすすめです。


Q.アイクリームは目元以外にも使える?

顔全体にも使えるアイクリームも販売されているので基本的には使うことはできます。

ですが、アイクリームはほかのスキンケア製品よりも油分を多くふくんでいることが多く、顔の中でも皮脂量の多いおでこや鼻につけると油分が多すぎてニキビや炎症の原因になる可能性もあります。

もし他も部分にもつけるのであれば、しわや乾燥が気になるほうれい線など、気になるポイントだけにつけるのがいいでしょう。


Q.アイクリームとフェイスクリームの違いは?

アイクリームは顔の中でも特に乾燥しやすくデリケートな目元用に作られたものです。

だからフェイスクリームに比べて、

・油分の量が多い
・美容成分が配合されていることが多い
・無添加や低刺激の処方が多い

など、細かいことですがこういった違いがあります。


Q.アイクリームを選ぶポイントは?

保湿成分と悩みに合った美容成分が入っいるかチェックしましょう。

また、香料やエタノールを含まない低刺激のものもおすすめです。

<おすすめの成分>
保湿成分:セラミド、ヒアルロン酸、グリセリンなど
美容成分:レチノール、ビタミンC誘導体など


Q.アイクリームはどんな人におすすめ?

乾燥、しわ、クマ、たるみなどといった目元の老けが気になる人。

中でも乾燥しやすい肌の人にはとくにおすすめです。

アイクリームの一番の役割は「足りない油分を与えること」だから。

・歳とともに肌の油分量が少なくなってきた
・若いけど油分が少なく乾燥しやすい

こんな人にはぜひ使ってみてほしいです。


Q.どのくらいの期間でアイクリームの効果を実感できる?

一時的な乾燥による小じわであればすぐに効果を実感しやすいでしょう。

ですが、しわやクマ、くすみなどへの効果を実感するためには最低3か月は継続して使いましょう。

どのスキンケアにも言えることですが、化粧品に即効性を求めても満足できる結果にはなりません。

継続することが美肌への近道です。

 

まとめ

本を抱える女性

いかがでしたか?

もうすでにアイクリームを使っている人、これから使う人もせっかく使うのであれば効果を感じたいですよね。

今回ご紹介したアイクリームの使い方を参考に、今よりも明るい目元を目指してください。

ライター紹介 ライター一覧

naru

naru

スキンケアアドバイザー。
美容をこよなく愛するアラサー女子です。
日々アンチエイジングケアに励んでいて、
最近ウン万円もする美顔器を購入しました♪

    関連記事

    • アイキララを使った口コミや効果をご紹介!使い方や解約方法も徹底解剖

    • アイクリームおすすめランキング21選|プチプラ市販品からデパコスまで

    • 【アビエルタ ディープモイストクリーム】販売店&最安値はどこ?

    • 目のクマにおすすめのアイクリーム16選 | 選び方と 口コミでも人気のランキング

    • ビーグレンのアイクリーム「トータルリペアアイセラム」を実際に使ってみたので口コミします!成分や効果~販売店もご紹介

    • 目元のたるみにおすすめアイクリームの選び方と人気ランキング13選|スキンケアアドバイザー監修