1. TOP
  2. ヘアケア
  3. ヘッドスパを自宅でやってみよう|スパニストが教える自宅スパのやり方とおすすめアイテム

ヘッドスパを自宅でやってみよう|スパニストが教える自宅スパのやり方とおすすめアイテム

 2018/02/15 ヘアケア  

あなたはヘッドスパを体験したことはありませんか?美容院でもメニューの定番になりつつあり、勧められた方も多いかと思います。

また気にはなっているけどまだヘッドスパをしてもらったことがないという方もいるかも知れませんね。

『興味はあるけど時間に余裕がない』

『カラーやパーマにスパまですると料金が…』

『ヘッドスパってどんなもの?』

そんなあなたはまず「自宅でできるヘッドスパ」から始めてみてはいかがでしょうか?

 

当記事では現役のヘッドスパニストに監修を頂き、

✔ ヘッドスパの基本知識

✔ 自宅でできるヘッドスパのやり方

✔ ヘッドスパをより効果的にできるアイテム

✔ 知っておかないと損する!ヘッドスパの注意点

などを紹介していきます。自宅で自分でも十分に効果のあるヘッドスパをすることは可能ですので、ぜひしっかりとお読み頂いてセルフケアに活かしてくださいね。

ヘッドスパとは

美容技術に癒しの有効性を取り入れることで、美的向上心の高い人たちの満足度を高める美と健康の綜合技術である

日本ヘッドスパ協会:ヘッドスパの定義より

と日本ヘッドスパ協会では言われていますが、もっと簡単にいうと

『頭皮と髪のエステ』的なイメージをもってもらうといいかもしれませんね。気持ちよくてキレイにもなれるということです。

美容院でも広くメニューに取り入れられており、かなり普及していきているイメージのヘッドスパですが具体的にはどのような効果があるのでしょうか?

 

ヘッドスパの効果

鏡を見る女性

<ヘッドスパの効果>

  • リラックス効果
  • 育毛効果
  • 髪をふんわりボリュームアップ
  • フケや嫌な頭皮臭の予防
  • 肩こりや目の疲れを緩和

など

ヘッドスパは凝り固まった頭皮をもみほぐし、頭皮から肩にかけての血行を促進することで老廃物を流しやすくするものです。

血行を促進されることにより、育毛効果やリラックス効果などの様々な効果を得ることが可能。

頭皮のケアのみだと思われがちなのですが『美髪』のためにも非常に有効です。

ヘッドスパをすると頭皮の毛細血管が拡張し、首から肩にかけてのリンパの流れもよくなります。結果的に毛根に届く栄養量が増え強く美しい髪を育てることにつながるので、トリートメント以上に大事なヘアケアでもあります。

またリンパの流れが改善されると「むくみ」もとれるのでお顔のリフトアップ効果も期待できます。

では、自分で簡単にできるヘッドスパのやり方を紹介していきます。

 

自宅でヘッドスパをする方法

ヘッドスパ

  1. 頭皮クレンジング
  2. マッサージシャンプー
  3. トリートメント
  4. ドライ
  5. 頭皮マッサージ

という流れでヘッドスパを行っていくのが基本です。

1、頭皮クレンジング

<頭皮クレンジングのやり方>

  1. オイルを頭皮全体になじませる
  2. 指の腹を使い頭皮全体をマッサージ
  3. 頭皮にラップを巻き、5分ほど放置
  4. ラップの上から蒸しタオルを巻くとさらに効果的
  5. シャンプー工程へ…

上記が正しい頭皮クレンジングのやり方です。

酸化して普通のシャンプーだけでは落とせなくなった皮脂やホコリなどが頭皮の毛穴には詰まっていきます。女性の方が洗顔前にメイク落としクレンジングをするように、シャンプー前に頭皮をクレンジングをすることでこの汚れも取り除くことができるのです。

頭皮クレンジングには皮脂汚れを落とす効果と頭皮の油分バランスを整える効果があり、定期的に行うことで頭皮環境を正常に保つことが可能です。

頭皮クレンジングの注意点

何事もそうですが、頭皮クレンジングもやりすぎは良くありません。

皮脂汚れもしっかりと落とせるというメリットもやりすぎると「頭皮の保護に必要な皮脂まで落としてしまう」デメリットに変わってしまいます。

クレンジングをやりすぎて頭皮を乾燥させてしまっては本末転倒ですので、オイルを使った頭皮クレンジングは週に1回くらいで十分です。

オイルの種類にも気をつけよう

美容オイルには

  • 炭化水素油
  • ワックスエステル
  • 油脂

の3種類があり、炭化水素油はクレンジング向き、油脂はスキンケア向きです。基本的にメイク落としのクレンジングオイルなどには炭化水素油(ミネラルオイル)などが良く使われています。

ですが、頭皮クレンジングにおいてオススメなのはワックスエステル、特にホホバ油です。

クレンジングオイルとスキンケアオイルの中間の性質を持ち、皮脂を取り過ぎず、保湿効果もあるため頭皮のクレンジングに最適。

間違ってもメイク落としのオイルクレンジングをそのまま頭皮に塗るようなことは避けましょう。脱脂力が強力なので皮脂も取れますが、頭皮が乾燥してしまいます。

 

2、マッサージシャンプー

<マッサージシャンプーのやり方>

  1. 頭皮と髪をお湯でしっかりと予洗い(約2分)
  2. シャンプーを泡立てる
  3. ゴシゴシこすらずに指で頭皮の汚れを揉み出すイメージでマッサージしていく
  4. シャンプーをしっかりとすすぐ(約2分)
  5. トリートメント工程へ…

シャンプー工程において最も大切なことは「予洗い、すすぎ」です。

実はお湯でしっかりと洗うだけでも髪や頭皮の汚れの約80%は落とすことが可能なんです。最近はアミノ酸シャンプーのような刺激の少ないシャンプーもたくさん発売されていますが、洗剤には変わりないので少なからず頭皮には刺激となります。

予洗い、すすぎをしっかりと行うことで、シャンプーの量も少なくて済みますし、ゴシゴシしなくても汚れは十分に落とせ、すすぎ残しによるかゆみやフケも防げます。結果的に頭皮や髪に優しく洗うことができるという訳ですね。

実はほとんどの方が十分に予洗いやすすぎができていません。上記の説明で約2分と書かせて頂きましたが、すすぎながら2分を測ってみてください。「えっこんなに長くすすぐの!?」と思うはずです。

シャンプー時の注意点

ゴシゴシこする必要もありませんし、力を入れすぎる必要もありません。自分が気持ちいいと思えるくらいの力加減で洗っていきましょう。

頭皮を傷つけないように爪は短く切っておいてください。またネイルをされている方は頭皮クレンジングやシャンプー時にはシャンプーブラシやヘッドスパブラシをご使用いただくとネイルが折れることリスク、頭皮が傷つくリスク両方をなくすことができます。

MTG ヘッドスパ

MTGリファグレイスヘッドスパのように電動のブラシもたくさん登場しており、自分で上手くマッサージできない方にはすごく人気です。このモデルは美顔ローラーで有名なリファのヘッドスパブラシで、濡れても大丈夫ですし、クレンジングから頭皮マッサージまで幅広く使用できます。

少し高級品ですが、相当の価値はある商品です。

ヘッドスパにおすすめのシャンプー

ヘッドスパ時に使用するシャンプーは優しい洗浄力かつ、頭皮の保湿成分が入っているようなものがベストです。スッキリ感がほしい方はメントール入りなどの清涼感があるものを使うのもいいでしょう。

また炭酸入りのシャンプーもヘッドスパ用として人気があります。

関連記事「ヘッドスパシャンプー&トリートメントおすすめランキング8選|市販品からサロンシャンプーまで一挙紹介」で美容師おすすめのヘッドスパシャンプーを紹介しています。

3、ヘアトリートメント

<トリートメントのやり方>

  1. 手に適量のトリートメントをとる
  2. 毛先から中間にむかってトリートメントをつける
  3. クシやブラシで優しく髪をとかしていく
  4. お湯ですすぐ
  5. ドライ工程へ…

トリートメントを多く使っても効果があがる訳ではありません、ですので、トリートメント1回につき500円玉くらいの量で十分でしょう。

基本的につけるのは毛先の方だけで、それをブラシなどでとかしながら根本付近まで伸ばしていきます。間違っても根元からベチャっとトリートメントをつけるようなことはしないでください。

トリートメントを放置する人もいると思うますが、これはお好みでどうぞ。しっかりとクシで全体にとかせていれば、すぐにすすいでしまっても問題ありません。

関連記事「美容師おすすめ市販トリートメントランキング11選」で美容師おすすめのトリートメントを紹介しています。

4、髪のドライ

<正しい髪の乾かし方>

  1. ドライヤーは頭皮から15~20cm離す
  2. まずは頭皮(地肌)を乾かす
  3. 次に髪の中間から毛先を乾かす
  4. 8割程度乾いたら冷風で仕上げる
  5. 頭皮マッサージ工程へ…

以上のようなポイントに気をつければドライヤーで髪や頭皮がダメージすることを避けることができます。

もしかしたら髪の毛は自然乾燥派の方もいらっしゃるかも知れませんが、ヘッドスパの効果を最大にしたいなら必ず髪はドライヤーで乾かしてください。

濡れたままの頭皮は体温と湿気により雑菌が繁殖するのは最適の環境になっています。フケや嫌な頭皮臭の原因にもなりますし、髪のキューティクルも開いているので、非常にダメージしやすい状態です。

必ずドライヤーを使って乾かすようにすると、頭皮も髪もダメージしにくくすることが可能です。

関連記事「【保存版】プロが教える髪の乾かし方と正しいドライヤーの使い方」で美容師流の髪の乾かし方を紹介しています。

ヘッドスパにおすすめのドライヤー

髪や頭皮を乾燥させにくく、遠赤外線などの効果でヘッドスパと相性のいいドライヤーも存在します。

ヤーマンスカルプドライヤー

ヤーマンのスカルプドライヤーは、遠赤外線+低温+振動ヘッドスパブラシ付きで髪を乾かしながら頭皮マッサージができるおすすめドライヤーです。美容院でも採用しているサロンも多く、プロからも支持されています。

関連記事「【ドライヤー】美容師がおすすめする人気ランキング14選」で美容師おすすめのドライヤーを紹介しています。

ヘッドスパにおすすめの洗い流さないトリートメント

ドライヤーで髪がパサパサになるのが気になるという方は洗い流さないトリートメントをつけてからドライヤーをしてみてください。

トリートメント成分によって髪を熱ダメージから保護し、潤いを保ちながら乾かすことができます。同時にくせをおさめやすくしたり、ツヤ感を出してくれるような成分も配合されているので次の日のスタイリングが楽になります。

ラスティーク

ラスティークは美容師も注目の美容液ヘアケアで、セラミドやプラセンタ、アルガンオイルといった最高級のヘアケア成分を豊富に配合しています。

オイルとクリームがセットになっているので、自分の好みの方を使ったり、オイルは洗い流さないトリートメントとして、クリームはスタイリング剤としてなどの使いわけも可能。大容量の120mlでコスパも良好です。

関連記事「【プロが教える】洗い流さないトリートメントおすすめランキング!美容室でも人気のベスト10」で美容師おすすめの洗い流さないトリートメントを紹介しています。

 

5、頭皮マッサージ

スパニスト流の頭皮マッサージを動画にしてみました。

髪を乾かした後のマッサージも非常に有効ですので、ぜひやってみましょう。ポイントはお風呂で温まった体が冷えないうちに行うことです。

体温が高く、血流が良い状態で行うことでより老廃物を流しやすくなりヘッドスパの効果は上がります。

特に決められた方法があるわけではないので、両手で頭を揉むだけでも十分に効果があります。

頭皮マッサージの注意点

こめかみなど皮膚がうすい場所は強く押しすぎないようにしましょう。こめかみには神経も集中しているので、押しすぎは逆に頭痛の原因になったりします。

また頭皮マッサージもやりすぎは良くないので、1日に1回で十分です。

時短でヘッドスパをしたい人はシャンプー時のこの頭皮マッサージを同時に行うと簡単に時間が短縮できます。

番外編 緑茶ミスト

<緑茶ミストの作り方>

  1. 濃いめに緑茶をいれる
  2. 冷ました緑茶をスプレイヤーなどに入れる
  3. ドライヤーの前後などに頭皮にふりかける

ちょっと変わった方法ですが、緑茶に含まれるカテキンには消臭効果や殺菌作用、抜け毛の原因である男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)の働きを抑える働きがあることが確認されています。

お茶の臭いが少し気になる場合もありますが、育毛効果や臭い対策をされたい方はヘッドスパと組み合わせてやってみてもいいでしょう。

 

炭酸を組み合わせるとセルフヘッドスパはさらに効果的に!

上記で紹介したヘッドスパのやり方に「炭酸」を組み合わせていくと、さらに効果的に頭皮ケアをすることができます。

炭酸には普通にシャンプーだけでは落とせない皮脂汚れを浮かせて落とす効果や頭皮の血行を促進する効果があります。スキンケアでも炭酸ミストなどはとても人気がありますよね。

ヘッドスパに炭酸を組み合わせるには

  • 炭酸シャンプーを使用する
  • 炭酸シャワーヘッドに交換する

という2種類の方法があり、どちらもとても簡単です。

炭酸シャンプー

ルメント

炭酸水をシャンプーに混ぜる方法や重曹を使う方法など色々あるのですが、一番簡単でオススメなのは「炭酸シャンプーを買ってくること」です。

ルメントは日本最大級の炭酸濃度(5000ppm)でリピジュア、フラーレンなどの美容成分も豊富に配合したクレンジングシャンプーです。

ロフトや東急ハンズでも売っていますし、公式サイトでは割引特典付きで通販も可能。アットコスメでも人気でインスタグラムでも拡散されている話題のヘッドスパシャンプーです。

炭酸シャワーヘッド

楽天やアマゾンでも炭酸シャワーヘッドは売っています。一番多いのは炭酸タブレットをシャワーヘッドに装着できるタイプで、ワンタッチで炭酸水が出てくるシャワーヘッドにすることができます。

価格は3000~10000円以上するものまで様々で、タブレットも用量によって価格も様々ですので楽天などで一度確認してみましょう。

面倒くさがりな人は炭酸シャンプーの方が手間いらずでオススメです。

 

自宅ヘッドスパの注意点

カラーやパーマした当日はヘッドスパを控えよう

カラーやパーマの当日は頭皮がアルカリの薬剤にさらされるので、いつも以上に乾燥し敏感になっています。

そこに自宅でヘッドスパをしてしまうと、さらに乾燥が進んでしまい、中には逆に頭皮が荒れてしまう方もいらっしゃいます。

ただし、美容室でカラーやパーマ当日に勧められた場合は別です。「敏感になった頭皮を鎮めるためのスパ」ですので、スパをやってもらっても問題ありません。

乾燥肌さんはスパをやりすぎないようにしよう

ヘッドスパは皮脂などをしっかりと落とせる反面、頭皮が乾燥しやすくなるというデメリットもあります。(特に炭酸スパ)

ですので、乾燥肌さんは2週間~月に1回で十分です。やりすぎてしまうと細かいフケなども出やすくなってしまいます。使うシャンプーや頭皮の肌質によっても最適な頻度は変わりますが、頭皮の状態を見ながらヘッドスパの感覚を調節してみてください。

特に問題がなければ冒頭でも紹介したように3~7日に1回でOKです。

 

自宅でヘッドスパをする方法まとめ

この記事で解説した内容をまとめておくと…

  • ヘッドスパは自宅でも簡単にできる
  • 週に1回くらいの頻度がちょうどいい
  • 炭酸シャンプーやヘッドスパブラシなどを使うとやりやすい
  • ヘッドスパもやりすぎは良くない

何回でも見返して自分でもぜひヘッドスパをできるようになってみてくださいね!

 

ライター紹介 ライター一覧

美容note.編集部

美容note.編集部

トータルビューティーサロン【StellaMaris】所属の美容師・ネイリスト・エステティシャン・アイリストからなる情報発信チーム。
美容ノウハウや化粧品・サプリメントなどを実際に試してみてた情報を記事にしていきます。

この記事も一緒に読まれています

  • ヘッドスパの効果について|どんな効果があるのかスパニストが解説

  • ヘッドスパシャンプー&トリートメントおすすめランキング8選|市販品からサロンシャンプーまで一挙紹介

  • 頭皮マッサージの効果と自宅で簡単にできるやり方|スパニストが自宅でできる簡単リフトアップを紹介